ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ウルトラマンリブットの誤リーク時の名称。詳しくは後述。
  2. オリトラマンの名称。


1の概要

マレーシア生まれのウルトラヒーロー・リブットの情報が国内のネット上で最初にリークされた際、「リブット」という単語が馴染みの薄いマレー語であったためかリーク元が名前を意訳し、「ULTRAMAN RIBUT(ウルトラマンストーム)」と表記されていた。

これが飛躍し、各所で「ウルトラマンリブットは、日本では『ウルトラマンストーム』という名前で呼ばれます」という情報が広まり、ファンの間で名称が二つ存在するというややこしい事態となった。
しかし国内で公式アナウンスがながらく無かったのも手伝い、リブットという名前よりもストームという名前が日本向けの正式な名称であるかのように紹介するファンが多く存在していた。
このせいで彼の名前を「ウルトラマンストーム」と呼んでいるユーザーは未だ多く、名前を表記する際も「ウルトラマンリブット/ストーム」という書き方が多く散見されている。

しかし、2016年に北海道新聞で記事になった際に「リブット」と表記されていたのを皮切りに、その後メディアで紹介される機会が増え、その際は「リブット」の名称で呼ばれている。
つまり、あくまで国内での正式名称は現地語通りリブットであり、「ストーム」と呼ぶのは単なるファン側の誤認識であることを理解しなければならない。
そもそも「ストーム」という名前はあくまでリーク元の独断による意訳であり、信憑性に著しく欠けた情報である。
日本向けだから英語に差し替えるというのも俄に納得しがたい話であり、その理屈に従うと例えばマレー語、インドネシア語で「3」を意味する言葉であるティガは「ウルトラマンスリー」という名になってしまう。

当時は「ストーム」という呼び方は仮称・通称レベルであり、正式名がハッキリしたのはつい最近のことである。
しかし、正式名が定かでない状況で不確かな呼び方の情報、極端に言えばガセ情報を臆面もなく広めていたという事実は変わらず、その情報を精査せずに信用するファンもまた、情報収集のレベルの低さを露呈させる結果となってしまった。

リブットを真に愛好するのであれば、今後はストームという名前を出すのは謹んだ方が賢明かと思われる。
また、今までストームという間違った名称を多方面に広めてきたファンは、今一度自分が得る情報の信憑性と、不確かな情報を広めかねない責任の重大さについて見直すべきだろう。
何より、「こっちの方が言いやすい」「マレー語だと伝わりにくいから」といった正当性を欠いた理由で正しい名前を呼ばないというのは、リブット本人に対して失礼というものである。

関連タグ

ウルトラシリーズ
ウルトラマンリブット
ガセネタ

関連記事

親記事

ウルトラマンリブット うるとらまんりぶっと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンストーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4365

コメント