ピクシブ百科事典

エドナ・クラバーペル

くらばーぺるせんせい

ザ・シンプソンズの登場人物。(右側の人物)

CV:巴菁子
バート・シンプソンの担任。初期は教師らしい厳格な性格だったが、次第に男に騙されやすい年増女性となっていき、校長のスキナーとしのぶ仲になったり、ライオネル・ハーツに貢がれたりと散々な目に合って若干ふてくされ気味。離婚歴があり、前夫からガソリンタンクに砂糖を入れられる嫌がらせを受ける。虎の巻をなくすと教えられない。大学院卒で児童教育学の研究で修士号を得ている。2013年に原語版の声優が亡くなった登場しなくなった。

本人曰く「どの相手とも真剣に恋愛していたから尻軽じゃない」と言っているが、ハッピースモウの板前、スキナー、コミックブックガイを始め、無数の男(時にはマージ・シンプソンの双子の姉、パティさえも)と肉体関係を持った事がある。スキナーと破局したのちバートに引き合わされてネッドと恋仲になるも、そのあまりの性遍歴の多さに引かれてしまい一度は破局しかけた。視聴者がこのカップルにどのような顛末を望むかネット上で投票が行われたことがあり、結果、無事にハッピーエンドを迎えることとなる。
前述のとおり声優の死去に伴って作中でも明確に故人とされたが、死因については言及されていない。シーズン23の未来編にてネッドが「僕はエドナが殺されてから~」と語るシーンがあり、原文では「accidentally killed by Homer」、即ちモードと同じようにホーマーが原因で不慮の死を遂げたことが示唆されている。だが未来ネタは幾通りもあって番外編の色合いが強いため、それが確たる設定として扱われる事になるのかは定かではない。

pixivに投稿された作品 pixivで「エドナ・クラバーペル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 564

コメント