ピクシブ百科事典

エル・シッド

えるしっど

エル・シッドとは11世紀のカスティーリャ王国に存在した貴族。(1045年?〜1099年6月)
目次[非表示]

概要

エル・シッド、本名:ロドリーゴ・ディアス・デ・ビバール(Rodrigo Díaz de Vivar)は、11世紀のカスティーリャ王国の貴族。
正確な生誕日は不明だが、軍人の家に生まれ、サンチョ2世の小姓としてカスティーリャ王家に引き取られて育った。その後、サンチョ2世が何者かに暗殺された事で、カスティーリャから追放。幾度の追放を経て、1094年にバレンシアをイスラム教徒の手から奪回した。これらの功績から、スペインでは国民的英雄とされ、生前には既に彼の功績を讃えた叙事詩が作られ、本人がそれを耳にしていた程。
叙事詩では死後は数十年以上生前の姿を保ち続けたり、彼の伝説の剣コラーダは妖精に鍛えられたものだという超人的逸話が語られている。ちなみにその剣はスペインのブルゴス博物館に展示されており、ダマスカス鋼で造られた物であるとの事。

創作作品のエル・シッド

聖闘士星矢LC

【LC】その拳は一振りの


彼をモデルにした山羊座のエルシドが登場。外見はシュラに似る。

Fate/Requiem
サーヴァントとして存在する様子で、名前のみ語られている。

関連タグ

シャルルマーニュ/アーサー王:剣に関する伝説を持つ英雄たち。

関連記事

親記事

スペイン すぺいん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エル・シッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16

コメント