ピクシブ百科事典

オレギ

おれぎ

オレギとは、『ラグランジュポイント』に登場するボスキャラで、バイオノイド3将軍のひとり。

きさま ちょうさたいの いきのこりだな
バイオカイザーさまの けいかくの
じゃまするやつらは ゆるさんぞ

概要

バイオノイド3将軍のひとり。レデスマ・ウェーバーと共にクーデターを起こし、ランド1を事実上掌握している。剣歯虎の背からY字型に鉤爪を持った長い腕が伸び、腕の根元に複眼と裂けた口が付いた姿をしているが、それは生体工学による改造によるもの。イベントで3回出会うことになるのだが、戦うのは2回目から。

最初はファイバーシティ手前で出会うことになるが、不意打ち同然で打ちのめされファイバーシティへの地下道へと叩き落されてしまう。

2回目はセラミシティへの壁間構造区で、戦闘前に出口を見つけて脱出しようとしたタムを鉤爪で容赦なく殺害している。子供相手になんてことを・・・。

・・・ジンにいちゃん・・・ タムはいきをひきとった

多くのプレイヤーを悲哀と絶望に叩き込むが、そんな暇もなく戦闘になる。戦闘前に「きさまも このつめの えじきにしてやる」と言っておきながら、実際の戦闘では火炎放射による全体攻撃をメインで戦ってくる。1人用のHP回復アイテムしかないのに全体攻撃は正直言ってキツい。パーティにクリスいると「タムの、タムのかたき!」と言いながらオレギに攻撃する。

オレギにある程度ダメージを与えると、オレギの部下からバイオカイザーからの次の作戦命令が届いたことを告げられたことで撤退することになる。

その戦闘後、タムの祖父・トムトム博士がタムが帰ってこないことに激しく動揺するが、のちに終盤でタムの死を乗り越えたようでタムの思考を移植されたガイドロボ「ピコ」を制作することになる。

そして、セラミシティのシャトルのポート前で3回目の遭遇。タムの仇を撃つべく戦闘することになる。オレギが敗北した後、オレギの本来の人間の姿を現し、これからの人類が宇宙環境い適応するためには、現在のカタチを捨ててミュータントの力を手に入れなければならないためバイオハザードを起こした事とバイオハザードの中心人物がシュトルテ博士である事を話して絶命した。

敵キャラの中でもラスボス以上にキャラが立っており、本作における敵キャラといえばオレギと印象付けるプレイヤーも少なくない。

関連タグ

ラグランジュポイント バイオノイド3将軍
タム(ラグランジュポイント) みんなのトラウマ

pixivに投稿された作品 pixivで「オレギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32

コメント