ピクシブ百科事典

オーヴァーロード/テオス

おーゔぁーろーどておす

『仮面ライダーアギト』に登場する敵・ロード怪人の支配者にして創造神。劇中では「闇の力」と呼ばれる。
目次[非表示]

「あなただけではない、人間という、種そのものに、私は、裏切られたようだ。もう一度、最初からやり直しましょう。」

演:八木優希(誕生直後)、神木隆之介(幼年期)、穴井隆文(中間期)、羽緒レイ(青年期)

概要

ロード怪人(アンノウン、マラーク)の支配者にして創造神。
神様だけに、外見上、男性とも女性ともとれる中性的な姿の青年の姿をしている(ただし声は非常に男性的)。
なお、オーヴァーロードとは「ロードを超える者」という意味であり、真名は「テオス」(θεός、ギリシャ語で「神」)とされる。
しかし劇中でその呼び名が明かされる事はなく、終始闇の力、あるいは「闇の青年」「謎の青年」という名で通されていた(ファンの間では「ダミアン」とも)。

その正体は宇宙開闢と同時に生まれた、宇宙を構成するのうち「闇」の力が具現化したもの。
彼は世界を創った後、自らの分身であるエルロード、そしてその部下として天使たるロード怪人を創り、さらにその世界に住まう住人としてロード怪人に似せて動物を、そして自身に似せて人間を創り、特に人間を自分の子供としてこよなく愛していた(ムック本では「ペットのように愛した」と書かれている)。

しかし、時が経つにつれて人類は「自分たちは神に似せて創られたから他の動物より偉い」と考えるようになり、動物を過度に虐げ始めた。

この事態に怒ったのが、動物の元となったロード怪人=天使たち。
彼らは人類に宣戦布告し、以後40年に渡って繰り広げられる人類と天使との全面戦争へと発展してしまった。

当初は圧倒的に天使軍が有利であったが、人類を不憫に思った7人のエルロードの一人・プロメス(光の力、火のエルとも)が地上に降り、とある女性と交わり、産まれた子がネフィリムギルス)となった事で状況は大きく変わってしまう。

プロメスが人類側に干渉した事で、人類が自分の愛する存在でなくなる事を嫌ったテオスは自ら直接地上に赴き、プロメスを打倒。
この結果、人類の敗北は決定的なものになり、戦いは天使軍の勝利に終わった。
※第35話にて水のエルが言うには「アギト」とは限りなく進化する力を指すらしく、テオスは「人類が自身と同等の存在になる事を恐れている」らしい。

そして天使たちの長であるエルロードは、地上の全てをリセットするため洪水を起こし、地上のあらゆるものを洗い流した。

これを悲しんだテオスは情けとして、全人類、全動物の中からつがいを一組ずつ方舟(ノアの方舟?)に乗せて生き残らせるという行動を起こす。
※劇中に登場するこれらの出来事を描いたと思わしきイコンにはアギトに覚醒したと思わしき人物が描かれているが、詳細は不明(そもそもテオスはアギトの力を憎んでおり、そんな人物を生き残らせるはずはない)。

ところが、プロメスは最後の力を振り絞り、人類に直接アギトの力を授けてしまった。
そればかりか、プロメスは時空を超え、遥か未来――西暦2001年へと降臨し、その場に偶然居合わせた人間=あかつき号の乗客の一人である沢木哲也(後の津上翔一)の持つアギトの力を強制的に引き出した(この時の余波に巻き込まれた他の搭乗客も、強制的に力を引き出されている)。
※沢木哲也は人類最初のネフィリムの子孫だった可能性が示唆されているが、詳細は不明。

この予兆を察し追いかけてきた水のエルは、かつて滅ぼしたと思っていた人類が未だ健在だった事を知り、テオスに「人類はもはやあなたが創った人類ではない。あなたに逆らうネフィリムなのだから滅ぼすべきだ」と進言するも、「勝手に人類と戦争を起こして私に逆らったのはお前たちも同じだ」とそれを諌められたため、一時矛を収め、プロメスに力を引き出された哲也を海へと叩き落とすのと同時に、他の乗客たちに警告を残して去っていった。

「お前たちもまた悪しき光を浴びた。あの男と同様、やがて人ではなくなる。だがそれまでは生きられるだろう。覚醒の前兆が訪れるまでは。ただしこの事は誰にも言ってはならない。決して。忘れるな。お前たちの時間は長くない。お前たちに未来はないのだ!」

水のエルから事の次第を聞いたテオスは遥か未来、人類が再び繁栄し、プロメスがもたらしたアギトの力が覚醒した時に供え、アギトの力に覚醒した人間を抹殺させるべくエルロードを放ち、自身も人間の進化に伴い現世に復活できるよう自らの遺伝子情報をオーパーツに残し永い眠りについた。

劇中での主な活躍

第4話の終盤、三雲咲子が所属する研究機関により(本人たちは知らないがジャガーロードの手伝いもあって)オーパーツが解析され、咲子がそれに収められていた遺伝子情報を元にDNAを合成して生み出した器となる肉体に宿り、現代に復活。
以後、アギト根絶のため、ロード怪人を放って活動を開始する。

一方で人類への愛は捨てきれておらず、アギトの不完全態であるギルスの力に覚醒し、苦しんでいた葦原涼を助けたり、アギトの力に覚醒しつつあったあかつき号事件の生存者の一人・三浦智子を自らの手で殺害した時は、いずれアギトになる存在とはいえ愛する人間を殺してしまった事に大きな精神的ショックを負っており、その後悔の念から素直に警察に逮捕され、精神病患者のふりをして警察病院の病室に引きこもり、アギトの根絶は配下の者たちに任せる事を選択した。

しかしその後もアギトの進化は留まる事を知らす、アギトと同等の力を持つはずの水のエル(強化体)が敗れた際、アギトが最早エルロードですら手に負えない存在になりつつある事に危機感を覚え、ついに自ら直接行動に出る決意をする。

そしてアギト、ギルス、アナザーアギトからアギトの力を奪い、ただの人間へと戻す事に成功(しかしアギトの力を消し去る事まではできず、想像を絶する苦痛に顔を歪ませていた)。

しかし、人々を護るため再びアギトの力を求める翔一ら3人の奮闘の末、「ただの人間」だったはずの氷川誠の攻撃によって生まれた一瞬の隙を突かれ、さらに「ただの人間」に戻ったはずの翔一に殴られてアギトの力を手放すという予想外の事態に陥ってしまう。

この出来事にショックを受けた彼は、人類そのものに失望し、アギトだけではなく人類そのものを完全に滅ぼして一から世界をやり直そうと決断。
星座を動かして十字架型にし、動かされた星座を誕生星座に持つ人間にドッペルゲンガーを見せて自殺に追いやるという、想像を絶する手段で人類を絶滅させようとする。

しかし、その企みもアギト、ギルス、G3-Xの前に打ち砕かれ、天上界へ一時撤退しようとするが、アギト・シャイニングフォームの放った強化シャイニングライダーキックで肉体を破壊され、計画は失敗に終わった。

いつの頃かは定かではないが、一部の人間の中にアギトを恐れ、排除しようとする動きがある事を察していたらしく、天上界に戻る前に、協力者としていた「本物の津上翔一」の前に姿を現す。
そして「自分が手を下さなくても、人間はいずれ自らの手でアギトを滅ぼす」と語るが、人間を信じる「本物の津上」に「あなたは人間を創りながら、人間の事を何も知らない。人はアギトを受け入れるだろう。人間の無限の可能性として……」と反論されたため、その結末を見届けると告げ、人類の前より去っていった。

名言

「死ね。自らの手で」(第6話)
「そう、怖いんだね、僕が。いいよ、好きにして」(第9話)
「人が人を殺してはならない」(第18話)

余談

ゲーム『仮面ライダー 正義の系譜』に登場するラスボス邪眼は最終回にてテオスがアギトに肉体を破壊された際の余波で復活したという設定になっている。

表記ゆれ

闇の力 闇の力(仮面ライダーアギト) オーヴァーロード 青年(仮面ライダーアギト)

関連タグ

仮面ライダーアギト アンノウン(仮面ライダーアギト)
正義の系譜 邪眼
 ラスボス 旧約聖書 

pixivに投稿された作品 pixivで「オーヴァーロード/テオス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 785

コメント