ピクシブ百科事典

カメロケラス

かめろけらす

カメロケラスは、主にオルドビス紀の間に生息していた絶滅した巨大な頭足類のうちチョッカクガイの1種である。

カメロケラスは、主にオルドビス紀の間に生息していた絶滅した巨大な頭足類のうちチョッカクガイの1種である。約4億7000万年前のオルドビス紀中期に出現し、ローレンシア大陸やバルティカ大陸、シベリアの浅海域に生息していた1]。当時の動物相における一般的な構成要素であった。オルドビス紀末の大量絶滅で大打撃を受け種数と個体数は減少し、最後の属はシルル紀ウェンロック世で絶滅を迎えた。

pixivに投稿された作品 pixivで「カメロケラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント