ピクシブ百科事典

ガリアン重装改

がりあんじゅうそうかい

「ガリアン重装改」とは、アニメ『機甲界ガリアン』に登場する架空の大型ロボット兵器、「機甲兵」の1騎であり、主人公ジョルディ・ボーダーが乗り込む主役メカ「ガリアン」を強化改修したものである。
目次[非表示]

概要

 本編第9話でダメージを受けた状態で白い谷に帰還し、機甲猟兵ザウエルとの対戦でさらなる深刻な損害を負ったガリアンを改修した強化型。第10話より登場。
 改修はガリアンが発見されたドーム(ヒルムカは"整備場"と呼んだ)において、ヒルムカの操作により半自動で行われた。

 装備として背中に単装の"飛装砲"と手持ちで連装の"重装砲"の2種の大型砲、並びに大型の盾が追加された他、さらには上半身と脚部を分離させ、それぞれ"飛装改""自走改"という形態に変形出来るようになった。
 これにより総合的な火力と防御力が大幅に向上し、特に飛装型で弱点であった無武装状態が解消され、様々な状況に広く対応できるマルチロールな機体となった。

ガリアン飛装改

 ガリアンの上半身(正確には腰部と脚付け根部を含む)が変形した飛行形態。
 外見的にはノーマルの飛装型からガリアンの脚部だけを分離した状態で、変形機構等には特に変化は無い。
 元々の高速空中機動に加え、飛装砲が装備された事で戦闘能力を得て空戦能力が格段に向上した。

ガリアン自走改

 ガリアンの脚部、重装砲、盾が組み合わさった自走砲形態。
 重装砲のサイドグリップを大腿部頂点にある固定具がくわえ込む事で砲と脚部が接続される。
 左脚下部の外側から操縦バケットがスライドしてせり出し、操縦手が乗り込むことで飛装改とは独立した機動兵器として運用が可能。

武装

ガリアンソード

 改修前から引き続き装備する。

飛装砲

 背中の左側にマウントされた単装の大型砲。
 マウント部が可動して角度が変えられ、飛装・人型形態時共に武装として使用出来る。
 それまで火砲の類が無かったガリアンにとっては大変有用性の高い武器であり、劇中での使用頻度も非常に高い。

重装砲

 長砲身を持つ連装の大型砲。
 人型形態時には手持ちの火砲として使用出来る他、盾と組み合わせた上で盾のパイルバンカーを地面に刺し、防盾付きの砲台としても使用出来る。

諸元

【ガリアン重装改】
 全高:12.48m
 重量:27.04t
 全備重量:35.17t
 最大滑走斜度:19.3゜(ローラーダッシュ時)
 滑走時最高速度:97km/h

【ガリアン飛装改】
 全長:8.04m
 重量:15.33t
 翼長:14.37m
 最高速度:2900km/h(マッハ2.4)
 最大加速(推力):2.25G
 最小旋回半径:514m

【ガリアン自走改】
 全高:6.83m
 全長:12.87m
 重量:19.83t
 最高速度:132km/h
 砲身仰角:上方 36゜下方 21゜

劇中での運用

 このように設定上では様々な機能と武装が追加されたガリアンだったのだが、実際の劇中では改修前と変わらずジョルディ1人の操縦による剣装備と通常の(脚部を分離しない)飛装型での戦闘場面がほとんどであり、重装砲どころか盾さえ装備されることは少なく、分離機能に至っては訓練時も含めたほんの数回しか使用されなかった。

関連タグ

機甲界ガリアン
アザルトガリアン(主に模型展開における呼称)
鉄巨人
機甲兵

pixivに投稿された作品 pixivで「ガリアン重装改」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3437

コメント