ピクシブ百科事典

ガルシア(黄金の太陽)

がるしあ

ガルシアとは黄金の太陽シリーズの登場人物。 一作目『開かれし封印』で初登場。続編にあたる二作目『失われし時代(とき)』では主人公を務める。
目次[非表示]

概要

黄金の太陽シリーズに登場する主要人物。『開かれし封印』では敵役として初登場。
続編の『失われし時代(とき)』では主人公を務める。地を司るエナジスト。

略歴

霊峰アルファ山の麓にある、エナジストの秘境ハイディア村出身の18歳の青年。
ジャスミンの兄であり、彼女からは兄さんと呼び慕われる。
同じ出身のロビンジェラルドとは幼馴染。

嵐で氾濫した河川に飲み込まれようとしていた直後、神官たちが食い止めていた大岩に巻き込まれ、彼の救助に向かっていた両親とロビンの父親のドリーと共に消息を絶つ。

本作の舞台となる3年後に再登場。
ソル神殿内部に秘匿に保管してある、エレメンタルスターを横奪するサテュロスとメナーディの2人と共に現れる。

再登場した際、仮面で素顔を隠していたが、残りのエレメンタルスターをロビンとジェラルドに回収させるよう、人質になったジャスミンとスクレータが抵抗し始めたため、2人を抑えるためにサテュロスが仮面を外すよう命令。名指しされ、やむを得ず仮面を外し顔を晒す。

3年前の嵐のその後、彼はサテュロスとメナーディに救助されていた。
長らく消息不明だった彼の姿を見たロビン達は驚愕、同時に妹と望まぬかたちで再会を果すことになった。

古代ウェイアードの文明を大いに繁栄したが、多くの争いの引き金になった古代科学「錬金術」の封印を解放するべく、エレメンタルの灯台に火を灯すサテュロス達を協力。灯台を灯すことを阻止するロビン達とは敵対関係になる。

人物像

かつては、屈託がなく前向きで仲間思いの性格だったが、3年の間に、寡黙で警戒心の強い性格に変わってしまったようだ。(任天堂公式HPより抜粋)

目的のためならば手段を選ばない、横暴な行動とるサテュロス達を諫めることが多く正義感は強い。言いわけをせず頑な意志を持ち、ジャスミンとスクレータからは頑固と評される。過去の悲劇体験からか自分の命を顧みず無茶な行動もとる。
サテュロス達と同行して見聞を広めてからは、自分の目で見たものしか信じないとも捉えられる一面を持つ。
真直な心根の映しから、行く町村の住人から澄んだ目の持ち主と言われる。

『失われし時代(とき)』の作中、最後に訪れるプロクス村は彼が3年間暮らしていた村でもある。
サテュロス達の故郷でもあり、自分たちの目的を阻止する相手が、彼の同郷の幼馴染であったが故に、自分たちを裏切ると懐疑。彼を信頼せず性格の一徹から衝突し合い、周囲からは孤立していたかに見えた。

しかし、村人たちは旅の中で逞しく成長して戻ってきた彼に深く感心。
エンディングでは、仲間達と共にハイディア村に帰郷する際、老若男女問わず別れを惜しんでいるセリフが聞ける。
それは、3年前の惨禍を経験しても変わることなく、誰にでも分け隔てすることなく接していた、彼の優しさの証だった。

公式絵では左手に剣を持つ立ち絵から、ロビンと同じく左利きと思われる。

作中での活躍

開かれし封印

ラストダンジョンであるヴィーナス灯台では、風のエナジストであるシバをサテュロス達が拉致したことで、エレメンタルの灯台の封印を解くには、各属性のエナジストが必要であると察知。
灯台が灯されたとき、予測できない事態に見舞われないよう、自分が代わってシバを保護しようとする。
しかし、元より彼を信頼していないサテュロス達からは意見が対立。この会話から、嵐で救助されたことに恩義を感じて灯台を灯すことに協力していないことが分かる。

ロビン達の宿敵でもあったサテュロス達が倒されるも、残る灯台も2人に替わって自分が解放することを宣言。真っ向からロビン達と対立したその直後、彼の予測は的中。
ヴィーナス灯台が解放したことで、地のエレメンタルが活性化し灯台を中心に大地震が発生。灯台から転落したシバを助けるべく、灯台を解放する真意を語らぬまま、頂上から荒れた海へとダイブし再び消息不明になってしまう。

失われし時代(とき)

プレイヤーサイドが変更し、ロビンから主人公を交代。ロビンに替わって始終喋らなくなる。
サテュロス達は、彼が戦闘経験を積み自分たちに歯向かうことを警戒し、戦闘に参加させていなかったため冒険当初のレベルは低い。

灯台から落下し海で溺れていたシバを救助し、待ち合わせであった漂流していた出島に辛くも到着。ジャスミン、シバ、スクレータと共に別大陸に点在する残りのエレメンタルの灯台を解放するため、外海を渡る移動手段を探すところから、彼の物語は始まる。

旅の道中、同じエナジストであるピカードが仲間へ加入。彼が所持していた船で一行の旅は、大陸から大海原へと進む。
そして、ピカードの出身でもある幻の都レムリアで、錬金術が封印により、この世界に必要不可欠なエレメンタルが、ウェイアードから消失しガイアフォールが拡大。世界が危機に瀕していることを知り、彼らは灯台を解放することを改めて決意する。

その後、ジュピター灯台でロビン達と邂逅。イベント後、これまで彼が灯台を解放してきた理由が明らかになる。
3年前の嵐は、サテュロスとメナーディがソル神殿へ侵入した際、神殿内部の罠にかかり引き起こされたこと。
彼だけでなく、両親とドリーも奇跡的に生きていたこと。そして2人は灯台を灯す目的に彼らを人質にとらえ、協力せざるを得なかったことを明らかにする。(前述した通り主人公が交代され喋れなくなったので、ジャスミンとスクレータが代弁している。)

これまでの彼の行動と世界が危機に迫っていることを知ったロビン一行は和解。仲間に加わり、8人のエナジスト達と最後の灯台であるマーズ灯台へと向かい、全てのエレメンタル灯台を解放することに成功。紆余曲折を繰り返すも世界を救うことになった。

漆黒なる夜明け

名前のみ登場。ハイディア戦士では唯一、明確な説明がなく消息不明。
次回作での登場が強く期待されている。
漆黒なる夜明けの主人公ムートはロビンとジャスミンの間に生まれた子供であるため、彼とは叔父と甥の関係にあたる。

余談

・作中、水難事故に2度もあう。命を救われたが両親を人質にされてしまいやむを得ず世界の禁忌に手を貸す、『開かれし封印』『失われし時代(とき)』両作共に登場するイワンの姉ハモからは、「運命を背負った不幸な人」と評される。その反映なのかステータスの運の良さが8人メンバーの中でも低く、二次創作のネタとして扱われることもある。

・『失われし時代(とき)』作中、最初から最後まで喋らなかったが、エンディングの際、突如前触れもなく喋り始めた彼に驚いたプレイヤーも少なくはなかった。
「驚くなよ ジャスミン」前置でこのセリフ。驚くのはこっちである。

関連イラスト

\こっち見んな/
きょうだい


キミを



関連タグ

黄金の太陽 ジャスミン(黄金の太陽) ロビン(黄金の太陽) ピカード カースト(黄金の太陽) キャメロット 任天堂 もう一人の主人公

pixivに投稿された作品 pixivで「ガルシア(黄金の太陽)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9465

コメント