ピクシブ百科事典

キリ・マリアレーテ

きりまりあれーて

ダイバージェンス・イブの登場人物
目次[非表示]

CV:水沢史絵

プロフィール

出身:ニュージーランド

年齢:18歳

身長:165cm

スリーサイズ:B89・W54・H85

血液型:O型

概要

候補生一の体育会系少女。ルクサンドラに比べ技術的には劣るものの身体的なポテンシャルでは引けを取らない、いわゆる「天才肌」。

候補生に選抜されたのも、持って生まれた才能を活かし、優秀な成績を修めたためである。

自室やセラフィム区画内のトレーニング・ルームでよく体を鍛えている。セラフィムの志望動機は、本人曰く、「強くなって、弱い人達を守るため」。

正規隊員への欲望が強く、スサーナやルクサンドラを密かにライバル視している一方、候補生の重圧を感じてないお気楽なみさきに対しては羨望の眼差しで見ている。男勝りで負けず嫌いなため、憎まれ口をたたくこともしばしばだが、根は憎めない。セラフィム配属時の階級は少尉。

少々乱暴な言葉遣い(一人称を除き、殆ど男言葉である)が特徴。地球に、弟を残してきている。

『みさきクロニクル〜』ではライアーらと共に、エクソダス・プロジェクトで地球圏へと戻り、時間障壁に覆われた地球を探索する事となる。

アニメと小説では異なる運命を辿る。

元は環境悪化や太陽圏内移民計画の失敗によって生じた経済難民で、両親は子供の頃に死亡しており、唯一の肉親である弟と共に国連の保護観察キャンプで幼少時代を過ごしていたという過去を持つ。軍に志願した動機にはこの事も少なからず関係している。

本来の時空においては、みさきとはセラフィム候補生になってから初めて顔を合わせたが、『みさきクロニクル』第2話における世界では野戦訓練で、みさき、キリ、ルクサンドラとチームを組んでいる。

両親がいないみさきは恵まれた環境で育ったスサーナやルクサンドラよりも親近感を抱く存在であり、心の奥底では優しく接したいと考えてはいるが、キリ自身がそれを口に出して言えない照れ屋で、同じように厳しい環境から這い上がった者として、彼女の能天気さに少々苛立ちを覚えており、厳しい言葉を浴びせる事もあった。

小説では生還を果たし、10年後に大尉に昇進、ライアーが艦長を務める宇宙船に副長として同行するが、アニメではみさきを庇ってグールの攻撃を受け戦死している。

また、アニメではみさきの存在証拠の写真を家族に送ったのはルクサンドラではなくキリで、彼女の弟がライアーに渡した写真にみさきが写っている。

この写真が、ルクサンドラの母親から「同期の二人の訓練生」という言葉を聞き揺らいでいたライアーの「みさきの存在を信じる心」を確かなものにする。

関連タグ

ダイバージェンス・イヴ

コメント