ピクシブ百科事典

ルクサンドラ・フレイル

るくさんどらふれいる

ダイバージェンス・イブの登場人物
目次[非表示]

CV:高木礼子

プロフィール

出身:メキシコ

年齢:23歳

身長:170cm

スリーサイズ:B95・W60・H89

血液型:AB型

概要

叩き上げのエリートで、候補生の姉御的存在。大抵の事には動じないが、注射が大の苦手であり、本人曰く「身を切り裂かれるような思いがする」との事。

他の候補生からもその事でからかわれる事がしばしばある。

候補生の中ではトップの実力を誇り、セラフィムの正規隊員に最も近い人物とされるが、本人は自らの能力の高さを鼻に掛けるような事はせず、訓練で失敗を繰り返すみさきの事も仲間と認め、励ましの言葉をかけている。ちなみに、士官学校時代から自他共に認めるリーダー格として他の生徒達の中でも飛びぬけた存在だった。

元は天文学者を目指す理論物理コースの学生であった事が小説にて明かされている。7年前にセミナーの一環として中型惑星間宇宙船で木星に向かう途中、小惑星の破片が船首都にいたルクサンドラ達を直撃。彼女の顔の傷はこの時に出来たものである。小惑星に付着していたウイルスに感染する者が現れ現場は深刻な状況に立たされるが、抗生物質を届けに来た宇宙船のパイロット(ライアー)によって事態は事なきを得る。事故後、そのパイロットの名を知り、当初は否定的な印象を抱いていた軍人に対する考えを改める事となる。以来、ライアーに対しては尊敬と憧れの眼差しを向けており、その事が彼女のセラフィム志望動機となっている。

ちなみに、顔の傷は医療技術で消す事も可能だが、当時の自分の決意を忘れぬようにと敢えて残している。

候補生として抜擢されたのは、それまで通っていたギムナジウムから士官学校に転籍して以降、不断の努力を重ねてきた結果によるものである。

実家が高層マンションにある事から、比較的裕福な生まれであると推察される(環境破壊の影響による水位の上昇で陸地は年々水没が進んでいるため、富裕層に近いほど高地に住宅を構える傾向にある)。

アニメ


スサーナの除隊後、みさきやキリと共にセラフィムに配属されるが、グール迎撃の際にグールに襲われ、非業の死を遂げる。

セラフィム配属時の階級は少尉。改変後の世界では、任務中に起こった事故で殉職した事になっている。

小説


士官学校在籍時からパイロットを志望していたため、自機の位置を把握できるよう常に星の位置を覚える習慣を身につけている。

強化インテグラルシステムが導入されてからは、みさきやライアー達ばかりに無理をさせたくないという思いから、インテグラル・システムのシミュレーションを行っていた。

その甲斐もあって、僅か数日で能力を向上させたが、任務中にグールと接触。

訓練によって鋭敏になっていた感覚が、ルクサンドラ自身をみさきの知覚に対する一種の中継機に変え、みさきとグールが直接接触する事となってしまう。

最終的にグールに喰い殺されMIAとなり、中尉に一階級特進。

生前、彼女が実家に送っていた手紙に同封されていた写真が、ライアーとキリにみさきの存在を確信させる事となる。

関連タグ

ダイバージェンス・イヴ

コメント