ピクシブ百科事典

クマのぬいぐるみ

くまのぬいぐるみ

クマを模してつくられたぬいぐるみ。またはそれをモチーフとしたNHK「みんなのうた」の一曲
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 熊のぬいぐるみの表記ゆれ。
  2. NHKみんなのうた」の楽曲。本稿で解説


2の概要

NHK「みんなのうた」で放送された曲。

歌手吉岡雄介(東京放送児童劇団)
作詞みなみらんぼう
作曲みなみらんぼう
編曲石原眞治
アニメーション月岡貞夫
初回放送1987年10~11月

子供の成長の喜びを、古くなったクマのぬいぐるみの視点から歌い上げる。声変わり前の吉岡少年の素朴な歌声と相まって、暖かくもホロリとさせられる一曲。
アニメーションで描かれる子供は、ちょうどサムネのような短いツインテールの小さな女の子。

「NHKみんなのうた ベスト」に収録されているものは、福村亮治(タンポポ児童合唱団)が歌うカヴァー曲。

歌詞

ぼくは クマのぬいぐるみ  ひとつ 腕が ちぎれそう
耳が やぶけて そこから  白いわたが のぞいている

そうさ 古いぬいぐるみ  5年前の クリスマス
パパサンタクロースが  君のために 買ってきた

それから ずっとなかよしで  いつも一緒に眠ってた
だけど今日からぼくなしで  一人で眠れる

少し淋しくて ちょっと悲しくて
とても うれしいよ


ぼくは クマのぬいぐるみ  笑えないし しゃべれない
だけど ずっと 友だちさ  淋しいときは ママがわり

君は僕をよく噛んだ  そしてほおり 投げもした
なのに 泣き虫の君は  いつも死ぬほど抱きしめた

ある日 田舎へ行く時は  一緒でなくっちゃいやだって
だだをこねていたあの日が  きのうのようだね

少し淋しくて ちょっと悲しくて
とても うれしいよ

関連記事

親記事

みんなのうた みんなのうた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クマのぬいぐるみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 483616

コメント