ピクシブ百科事典

クラッシュキャップ

くらっしゅきゃっぷ

第二次世界大戦期に、ドイツ陸軍の将校が被っていた軍帽の一種の俗称。
目次[非表示]

解説

クラッシュキャップ」とは、第二次世界大戦期のドイツ国防軍陸軍将校が、制帽の代わりに被っていた略帽の一種である。
なお、「クラッシュキャップ(Crusher cap)」とは俗称であり、正式には「野戦帽」、ドイツ語で「Feldmütze」と称した。

制帽のクラウン(上部の頭部を覆っている布部分)の中にあるワイヤーを抜いて崩し、フニャフニャにさせて、更に余計な装飾や部品を省いた、扱いをしやすくした軍帽となっている。

一旦は廃止されたが、扱いやすかったためか、わざわざオーダーメイドで作り使用する将校もいたようである。

関連作品

クラッシュキャップの描き方


関連リンク

軍服 (ドイツ国防軍陸軍)>軍帽>クラッシュキャップ - Wikipedia

関連タグ

軍事 ミリタリー
軍服
軍帽 制帽 略帽
戦闘帽

ドイツ軍
ドイツ国防軍 ドイツ陸軍
ナチス 枢軸国
ドイツ

pixivに投稿された作品 pixivで「クラッシュキャップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3266

コメント