ピクシブ百科事典

グレッグ・ラッセルバーグ

ぐれっぐらっせるばーぐ

グレッグ・ラッセルバーグは、ゲーム「ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:志村知幸

データ

性別
年齢 34歳
身長 178cm
武器 ARM【ブラックシェイプ】
好き&得意 ノーコメント
嫌い&苦手 馴れ合いの会話
クラス パセティックリヴェンジャー


人物像

ディーン一行が鉱山町ミラパルスで起きた事件の調査で訪れた鉱山で出会った渡り鳥。
各地でゴーレムを爆破して回っており、その悪行から“ゴーレムクラッシャー”の悪名を頂戴している。それ故、ゴーレムハンターギルドからも15万ギャラの賞金首として追手がかかっている。

もともとはゴウノンでも腕利きの醸造士であったが、ある日ふらりとゴウノンを訪れたカルティケヤに妻メリーと愛息テッドを惨殺される。逆上したグレッグはカルティケヤが寄越してきたARM【ブラックシェイプ】で挑みかかるも一蹴され、「自分を殺せるなら追って来い」という言葉を残しカルティケヤは去る。
妻子を奪ったARM【ブラックシェイプ】を使用した為、舅のジョセフはじめゴウノンの住人から「妻子殺しをした」と誤解され、カルティケヤを探す為にゴウノンを去る。

カルティケヤの左腕がゴーレムのものに改造していた点に着目し、ゴーレムを破壊し続けていればいずれカルティケヤに復讐できると信じてゴーレムクラッシュを続けていたが、ディーンたちと関わった事でゴウノンへ帰郷する事となり、ゴウノンを去りゴーレムクラッシュを始めるきっかけとなった事件を知られる事となった。
事件の事を知ってなお「オレはグレッグを信じるッ!」と言い切ったディーンの真っ直ぐさに心打たれ、また息子テッドの面影をディーンに重ね合わせるようになり、積極的にディーン一行に同行するようになる。

アヴリルのふと自分に向けて投げかけた「復讐に何の意味があるのか」という問いに答えを見出せぬままついに仇敵カルティケヤとの再会を果たすが、ここでも彼我の力量差は如何ともしがたく、止めに入ったディーン共々鎧袖一触されてしまい、またも復讐の機会を逃してしまう。
だが、不幸中の幸いと言うべきか、カルティケヤの凶行を実際に目の当たりにしたジョセフとは和解する。
三度目のカルティケヤとの邂逅を果たし、ついに悲願の復讐を果たすも「復讐などはもう通過点であり、カルティケヤに拘ることに意味はない」と精神的な成長を見せた。

各地のゴーレムを破壊して回っていたのは、カルティケヤに近づく為でありゴーレムに対して悪い感情を持っていない。
その為、〈天路歴程〉号のアースガルズを見た際にはディーンやチャック程ではないが興奮していた。

関連タグ

ワイルドアームズ ワイルドアームズザフィフスヴァンガード

関連記事

親記事

WA5 わいるどあーむずふぃふすゔぁんがーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グレッグ・ラッセルバーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5590

コメント