ピクシブ百科事典

ケルレンドゥ

さいきょうのえにぐま

ケルレンドゥとは、マジカルバケーションに登場する化け物、エニグマの王。
目次[非表示]

概要

オレは再び生まれ変わり、王になるために死を選んだ!


300年前にグラン・ドラジェとの戦いに負け、物質界には手を出さないと約束を結んだエニグマの王。
エニグマとは力こそが全てであり、力あるものにこそ従うため、
始まって早々に配下とともにクリュ族のエキウロクリュの手によって始末されている。

かつてグラン・ドラジェとの戦いに負けたのはそのはずで、元々強力な大魔法使いであるグラン・ドラジェにはそれに加えて先代のエニグマの王ユゥヴェックの力が宿っており、いかに力で王の地位を得たケルレンドゥと言えども勝てるわけがなかった。

しかしこの戦いで人間に負け、プライドを深く傷つけられたケルレンドゥはエキウロクリュに殺されることを選び、生まれ変わるためにあえて死を選んだ。

元来エニグマとは死んでもすぐに生き返る不死身の種だが、
例外としてエニグマに殺されたエニグマは死ぬ。
そしてエニグマは死を迎えて生まれ変わるたびに強くなるという習性があり、屈辱を晴らすためにわざとつまらん暴れ者のエキウロクリュなどに殺されたわけである。

それでもまだグラン・ドラジェに及ばないことを悟っていたケルレンドゥは、彼のように人間とエニグマが一つになることでさらに力を増すことに目をつけ、ガナッシュを宿主に迎えてその肉体を奪おうと考えていた。
が、その企みも失敗に終わり、転生が行われる死のプレーンで死したことにより完全に消滅してしまい、魂は無に帰した。

ラスボスとしての強さ

一回目の戦闘時にはガナッシュを人質にしながら襲い掛かり、二回目の最終戦ではモンスターとパーティを組んでくるが、
このパーティが尋常じゃない極悪さであり、部下の精霊召喚でひたすら闇の威力を高め、その威力が高まった中でケルレンドゥの必殺技・暗黒の太陽が何倍にも強化されて炸裂するという凶悪コンボである。
開始直後から仕掛けられるこのコンボを受ければ味方は全滅、もしくは半壊。なんとか崩さなければ味方側に勝機はない。

消滅後

消滅したとは言え当初は次回作に出演の予定があったらしく、経緯こそ不明だが『5つの星がならぶとき』の当初のシナリオを漫画にした『宇宙の騎士』にて、予言にあった羊を倒すべくシードルの妹の手によって召喚されている。

関連イラスト

エニグマの王
ENIGMA


変な漫画



関連タグ

マジカルバケーション

pixivに投稿された作品 pixivで「ケルレンドゥ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 715

コメント