ピクシブ百科事典

コインロッカーベイビー(秋の怪談 酔狂都市伝説)

わたしのはははどろぼうでありゆうかいはんであり

酔狂なネタバレ注意。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ニコニコ動画へ投稿された、【酔狂文庫:秋の怪談 酔狂都市伝説】内のショート動画『コインロッカーベイビー
  2. 1971年前後に起きた社会現象のコインロッカーベイビー。絶対にやっては行けない行為。


本項では1.について記載する。



























概要

2010年10月01日にニコニコ動画へ投稿された、小雨大豆と酔狂倶楽部制作【酔狂文庫:秋の怪談 酔狂都市伝説】内のショート動画『コインロッカーベイビー』。


不思議なネタバレ注意。























コインロッカーベイビー

母は泥棒であり誘拐犯であり、そして命の恩人でもある……
意思のある不思議コインロッカー

その出会いは赤子コインロッカーに捨てられた所から始まる。
生真面目な性格の彼女?(意思のある不思議なコインロッカー)は、自分の中に新生児が放り込まれた時は相当慌てたに違いない。なぜならコインロッカーの扉には【生き物は入れないで】と書かれているのに、人間が産み立てほやほやの赤子を捨てるもんだから、きっと外に出してあげたくて仕方なかったであろう。

しかしコインロッカーの中でもかなり生真面目な彼女(?)。自分の都合でも無しに扉を開ける事が出来るはずもなく、かといってこのままでは自分の中で赤子は死んでしまい、数日後に発見されてしまうだろう。


この子の命を助けたい。


だけど勝手に扉を開けてしまえばコインロッカー失格。そんな葛藤の中、生真面目な彼女(?)が出した結論。
それが自分の中で赤子を育てる事だった。


※真似して子どもをコインロッカーに捨てるのはご遠慮下さい(絶対にマネしないでください)。
大抵のコインロッカーは面倒臭がりばかりで、捨て子を育てる所か挨拶さえも返してくれません。


そんなわけで、人間の母親となったコインロッカー。
コインロッカーに育てられた娘がいうには、母の中はかなり快適な生活環境だったようで、


赤子だった娘にとっては初めての物に(勿論頭の上に黒くて硬い塊が落ちてきた衝撃も合わせて)衝撃的で、その時までというものを見たことがなかった彼女は、携帯電話の液晶画面の光に驚いて興奮してちびってしまった…。それで母からポケットティッシュを投げつけられた事は今でもよく覚えているとの事。

それ以降、人間の子どもにとって光が大切である事を知った母は、晴れの日は娘のいる部屋(ロッカー)に光を届けてくれた。

それはとってもふしぎな光景で…
そして素晴らしい(青空の)景色だった。
  • 寒い冬の日は、娘が震える前に天井からふかふかの毛布とカイロが降り注ぎ…
  • 夏は、母がコインロッカーをで満たし泳いだ日もあった。
  • お気に入りのストラップを勝手に捨てられた事で母娘は新聞紙をぶつけ合って喧嘩をし、その翌日に天井からバンドエイドが降ってきた。

の日もの日もの日もコインロッカーの中にいる娘にとっては関係のない事で、毎日がそれ以上に刺激的で楽しい日々だった。だから「寂しい」という感覚を母の外から出るまで分からずに育った。なぜなら、彼女のそばにはいつも母がいて、常に娘を優しく包んでいてくれたのだから。





しかし、この奇跡順風満帆のように思えた母娘の生活に限界が訪れる…。
それは大きく育った娘の体が原因だった。

旅行カバンも入る一日600円の大型コインロッカーの中とはいえ、子ども一人を抱えるには限界があったのだ。寝返りさえ困難になり、床ずれならぬコインロッカーずれで体が痛くても、娘はそれで泣く事はなかった。

この一心同体の母娘。物言えぬコインロッカーといえども、不安・戸惑い・焦燥感…そして悲しみといった母の気持ちは痛いほど娘に伝わってきた。だてに長いこと預けられてきた幼い娘でも、その思いを感じ取る事が出来たのだ。

娘は窮屈な所で体は痛くても、それ以上に切なさで心の中が痛かった。これ以上母を困らせたら、(母に)捨てられるのではないか。もう二度とこの生活を送れないのではないかと。


そしてその不安は現実のものとなる。


ある日、天井から届いていた贈り物がぱたりと止んだのだ。始め母が忘れていたのではないかと娘は思ったが、まる一日何も降ってこない事で異変に気付く。不安と焦りと腹ペコの中、心の底から湧き上がる嫌な予感に蓋をしようと、必死になって楽しいことを思い浮かべた。







だけどそれは全て……母との思い出
楽しい日々の思い出ばかりだった。


の日にはタオルカイロが降ってきて…
の日には部屋で水泳
落ち葉が降り積もり…
には…ではなくお団子が…

言葉は喋れなくとも、毎日話して笑ってー
喧嘩した日には決まってバンドエイドが降ってきて、娘はそれを母に貼ってあげたのだ。



毎日毎日、常に娘の頭の上からはいろんな物が降ってきた。暖かい陽の光。飽きる事のない不思議で素敵な贈り物。そして、それらと一緒にいつも娘の頭の上からー
母の愛が降っていた。



気づくと娘の目から大粒のが零れ落ちていた。今までどんなに痛くても泣かなっかたのに…。
一度涙が流れると、それと一緒に不安・焦り・嫌な気持ちが心の底から次々に溢れ出てきた。


ああ…もう母はの事を嫌いになってしまったのだろう…
わがままで、いたずらばっかで、大きくなってばっかの私だから…


そんな時、頭の上から小さな塊が落ちてきた。それが娘には何か分からなかったけれども、握るとなぜだか不思議と元気が湧いてきた。


さあ、巣立ちなさい。


そう、物言わぬはずの母の声を娘は聞こえた気がした。それは彼女がいるコインロッカーの鍵……そして一枚のバンドエイドだった。





こうして娘は母の下から巣立ち、外の世界へ飛び出したのだ。

因みに娘は発見された際、身元不明の誘拐児童とされた。コインロッカーで育てられた謎の少女として世間を賑わせたが、人の噂も七十五日。世間も落ち着き、里親が決まると彼女はごく普通の人間の女の子としてごく普通の家で過ごす事となった。

娘にとって外の世界は母の中と随分違い、広く明るく眩しくて毎日毎日新しい発見で一杯だった。
胸以外は元気に育った彼女はある怪談話を聞くことになる。

それは中学林間学校で友達から聞いた怪談話。友達はおどろおどろしく話すのだが、彼女にとってはこれが何とも可笑しな話で、面白くて面白くてギュッとビックフットのぬいぐるみを抱きしめながら、を堪えるのに必死だった。


それはモノを食べる不思議な怪物のお話。

ある人はお弁当箱の中身だけを食べられ、
ある女の子は盗んだ携帯ストラップだけを食べられ、
ある麻薬の売人は顧客情報が入った貴重な携帯電話を食べられたという。

それは恐ろしい怪物。その名も……”神隠しのコインロッカー



そう。天井から降ってきた数々の贈り物は、母が別のロッカールームから盗んできた物だったのだ。あの生真面目な母が娘のために泥棒をしてくれた話と知り、それが面白くて面白くて…
娘は涙が出てきてしょうがなかった。


現在、娘は硬く暖かい母の体の中から出て、広く明るい陽の光の下で元気に生きている。
今の彼女があるのは勿論、コインロッカーの…
母のおかげだ。






















と昔を振り返りながら故郷のコインロッカーから制服を取り出して着替えを済ませたコインロッカーの娘


制服のままで外出禁止と校則が厳しい学校に通う娘は、母に制服を預かってもらっていたのだ。その後スカートの丈をまた元に戻された事に怒る娘と、その事にカッチン(金属音)と怒る母。
昔とあまり変わらないやり取りに…


娘「ほんと…(私の母は)堅物なんだから。」


私の母は泥棒であり誘拐犯であり、そして命の恩人でもある…
コインロッカーの神様だ。

関連タグ

母親 母子家庭 シングルマザー
カーネーション…花言葉は「純粋な愛情」。赤色の花だと「母の愛」などの意味を持つ。

コメント