ピクシブ百科事典

ゴリアテ(ラピュタ)

ごりあて

『天空の城ラピュタ』に登場する空中戦艦。多数の火砲を備えた、まさしく戦艦に相応しい兵器である。
目次[非表示]

概要

 ジブリシリーズ作品『天空の城ラピュタ』に登場する政府軍の保有する大型飛行戦艦。軍がラピュタ探索の為に派遣した戦艦である。モウロ将軍も「素晴らしい船だ!」と思わず叫んだ。
 飛行船の一種であるためか、形状は楕円型に近い硬式飛行船・・・・・・を、通り越した完全なる装甲飛行船といった出で立ちである(だからこそ飛行戦艦とも言えるのだが)。ゴリアテは、艦体各部のプロペラによって、浮遊力と推進力を得ている。ただし、プロペラが止まっていても空中に浮き続けられる様子から、あくまで垂直方向のプロペラは補助的な物と考えられる(それでも謎は多いが)。
 艦の全体に主砲(小説版では125mm榴弾砲と記載)のみならず、速射砲、対空砲等の多数の重火器を備える。艦底部の主砲等は、ロボット兵の装甲を穿つだけのを強力な火力を持っていることが確認される。
 また直接的な描写は無いが、艦底部に複数のロケット艇を搭載している。空中戦艦ならぬ、動ける空中要塞とも言うべき異様である。航行性能に関しても高性能のようで、その300m級の巨体に比して速力は100㎞を優に超え、航続力も16000㎞と長大である。現実の飛行船とは段違いな強度を誇り、強風下でも安定して飛行可能なうえ、速力もかなりのもの。

スペック


  • 全長:312m
  • 全高:82m
  • 全幅:84m
  • 巡航速度:58ノット(約107km/h)
  • 最高速:98ノット(約181km/h)
  • 航続距離:16000㎞ (無風巡航時)
  • 乗員数:360人
  • 武装
    • 詳細不明(125㎜榴弾砲、速射砲、対空砲、多数)

経歴

 ラピュタ探索の為に派遣され、出発準備が整うまでの間にティディス要塞の頂上に一時的に係留される。しかし、その直後にロボット兵が再起動され活動を再開、シータを護る為に徹底して要塞を攻撃。軍は大混乱に陥ってしまう。大規模な火災も発生する中、ゴリアテは係留状態から離脱、艦底部にある長砲身型の主砲で直下のロボット兵を狙い撃った。最初に放った一弾が見事にロボット兵に直撃、破壊することに成功した。
 その後、ラピュタ探索の為に出発。ドーラ一家の追尾を免れるために無線を封鎖した。しかし、進行方向が見事に重なっていた為、ゴリアテはタイガーモス号の直下に辿りつく。雲の海から浮上し、タイガーモス号を補足するなり砲撃を始まるものの、雲海に逃れられてしまう。
 再会は直ぐにやって来た。ラピュタの潜む竜の巣を目前にして、タイガーモス号の背後を捉える事に成功した。気流の影響で身動きが真面に取れないタイガーモス号を狙い撃ち、見事に撃破した。ゴリアテ自身も気流で航行不能の危険性があったが、ムスカの命令で雲の中へ直進した。
 ゴリアテは無事にラピュタに到着し、接舷して停泊していたが、ムスカの離反により通信施設がすべて破壊されると言うアクシデントが発生してしまう。さらにはモウロ将軍も空中から落とされてしまい、残った兵士達が慌てて乗艦、ラピュタから離れる。
 ラピュタを破壊する為、ゴリアテは全力で砲撃を開始するものの、その目標は頑丈な下部に集中し効果が無かった。さらには無数のロボット兵が来襲し、ゴリアテは懸命に撃ち落とそうと奮戦する。しかし、多勢に無勢で遂には力尽いてしまい、艦体に巨大な爆発を引き起こした後は炎上、真っ二つに折れて墜落してしまった
ラピュタの機能を操作していたムスカ曰く「さっさと逃げれば良いものを」と言っていたが、まさにその通りだった。

関連イラスト

ゴリアテ


お題「リクエスト」
迫り来る敵・・・QB襲来


中には擬人化されたものも・・・

ゴリアテのオマケ



余談

 ゴリアテの艦橋部分を真正面から見ると、迷彩柄と艦橋の窓の配置の関係から、なんとトトロに見える

関連タグ

天空の城ラピュタ 空中戦艦 飛行船 モウロ将軍 ムスカ メカ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴリアテ(ラピュタ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8427

コメント