ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

初出は『戦国BASARA2』。ザビー教との戦に敗北した為にザビー教に入信させられた姿。
入信後はザビーへの心酔も甚だしく、毛利軍全員を残らず入信させ、熱心に布教活動を行った。
ザビーの肖像画を拝み、愛を説く姿には、冷酷な策略家の面影は皆無であり、
我が名はサンデー毛利! 跪くがいい!」と名乗りを上げる毛利元就はかつてない程に輝いている。※声のトーンもいつもより高く、穏やかな声質になっている。
初めてサンデー毛利を目にした宿敵・元親の「おいおい、嘘だろ?」との台詞はプレイヤーの心情をも表した。

戦国BASARA3』ではサンデー毛利化がBASARA正史として扱われている。
大友宗麟率いる大友ザビー教との戦において、思わずサンデー毛利に戻りそうになるが、全力で拒絶。
拒絶の激しさを見るに、毛利元就にとってサンデー毛利は黒歴史である様子。

PSP『戦国BASARA BATTLE HEROES』のザビーのストーリーモードでは、智将としての辣腕を(暴走気味に)振るうサンデー毛利を見れる。

戦国BASARA3宴』ではPCに昇格した大友宗麟ストーリーの最終戦で登場。
どうやらザビー教徒の間で『伝説の存在』となっていたらしく、タクティシャンサンデーを訪ねて来た大友宗麟とのとんでもない掛け合いの末、サンデー毛利として再誕。
ジョシー黒田の出まかせである「伝説の信者は何処へでも行ける扉を作れる」発言を嘘から出た真とし、讃美歌をバックに宗麟と手を繋ぎ、プレイヤーの突っ込みを置いてけぼりにして何処へと歩き去った。

戦国BASARA4』では大友ザビーランド閉園中のボスとして登場。
戦国創世モードで見られる戦況ムービーにて、大友宗麟と共にノリノリで歌い踊る弾けっぷりを披露。
他キャラクターの戦国創世がシリアスに進む中、彼等が進軍先に登場した暁には、雰囲気ブレイカーと化す事態は必至&請け合いである

ちなみに「4」から肩書が「愛の使徒」になった。
登場時の書き文字もいつもの「着手」ではなく「登場」になっている。

余談

極初期のメディアミックス作品の小説でもサンデー毛利が登場しているが、こちらは完全な策略演技であるとされている。

関連タグ

戦国BASARAシリーズ 戦国BASARA2 戦国BASARA3宴 戦国BASARA4
毛利元就 黒歴史
ザビー教 ザビー 大友宗麟

関連記事

親記事

毛利元就(戦国BASARA) もうりもとなり

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サンデー毛利」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「サンデー毛利」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1726183

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました