ピクシブ百科事典

シャールカ

しゃーるか

漫画『乙女戦争』の主人公でメインヒロイン。
目次[非表示]

概要

「わたしは天使のシャールカだもん」

大西巷一の漫画乙女戦争の主人公で1408年生まれの12歳→1421年13歳。父親と母親ダナとチェコボヘミア西部の村で平和に暮らしていたが、1420年にヤン・フスによる無駄なカトリック批判により起きたフス戦争に巻き込まれ両親は殺害され、自身は聖ヨハネ騎士団の十字軍の巨漢の隊長ハインリヒ・フォン・ストラコニツェにレイプされてしまう。

ハインリヒの巨根によりに重傷を負いながらも生還するも、村は母親のダナを始めとして皆殺しに合っていた。その後、道で倒れていた所、傭兵隊長ヤン・ジシュカ率いるフス派、ターボル軍トロツノフの隻眼巨人(キクロプ)隊に拾われ戦士となる道を選ぶ。武器は亡き婚約者カレル特製の笛タイプのマスケット銃ハンドガン・ピーシュチャラ。心優しく温厚な性格だが場に流されやすくまた臆病な性格である。美少女だが自分の容姿は不細工と嫌っている。敵にも味方にも優しく接する広い視野を持つ。戦争に参加し親友、カレル、ターニャ、イルマ、ガブリエラと立て続けに失い失意のどん底に陥るがターニャ妹クローニャの叱責により奮起し戦いを終わらせるべく神聖ローマ帝国、クマン人らとの戦いに臨むがその身には常に死が迫っている。

その後、ハンガリーで死刑を免れる為に妊娠することとなり、獄中でフニャディ・ヤノーシュと性交し妊娠、一人娘クラーラをもうける。

他作品で類似点のあるキャラ

ガッツ/ベルセルク:作者がベルセルクのファンということもあり女版ガッツと言われる。傭兵部隊に拾われるのはオマージュである。
マックス・ロカタンスキー/マッドマックス:家族を殺害されている。大型の銃を武器にしている繋がり。
葦原涼/仮面ライダーギルス:両親を亡くし、恋仲親しくなった人物が死亡するという共通点がある。またそれぞれ神を模した敵と戦う類似がある。

備考


関連タグ

ダンス・マカブル~西洋暗黒小史~
魔女 ヒロイン 悲劇のヒロイン
中世ヨーロッパ 十字軍

pixivに投稿された作品 pixivで「シャールカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3759

コメント