ピクシブ百科事典

シレサウルス

しれさうるす

三畳紀後期に棲息した、恐竜形類に属する爬虫類。

データ

ポーランドのシレジアのオポーレ近郊で見つかったことから、2003年に「シレジア、オポーレ産の爬虫類」を意味するシレサウルス・オポーレンシスと命名された。

全長2.3メートルほどで軽量な骨格をしていたが、分類上は恐竜ではなく恐竜形類という種類である。近縁種にタンザニア産のアシリサウルスがいる。

基本は4足歩行だったが、早く走る時は2足歩行も可能だったようだ。食性については、小さく円錐状で鋸歯のある歯から植物食だったと考えられている。歯骨の先端部には歯がないことから、くちばしで覆われていたと主張する古生物学者もいる。

関連タグ

古生物 恐竜

pixivに投稿された作品 pixivで「シレサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32

コメント