ピクシブ百科事典

タウシュベツ川橋梁

たうしゅべつがわきょうりょう

北海道上士幌町の糠平湖にあるコンクリート製アーチ橋。
目次[非表示]

概要

もともとは国鉄士幌線のタウシュベツ川にかける橋梁として1939年(昭和14年)に建設したもの。その後1955年(昭和30年)に糠平ダムが建設され、この橋梁周辺はダム湖に沈むことになり線路は付け替えられた。この橋梁周辺の線路は撤去されたが、この橋はそのまま残され、現在まで残っている。
その美しい姿は周辺の景色とも調和しており、ダムの水位によって見える範囲が変わるので、神秘的でもある。
2001年に北海道遺産、2010年にはJR北海道から準鉄道記念物に指定された。

現状

しかし、上記のような保存活動は行われているものの、現状ではほとんど放置状態である。
ダム湖に沈むときの水圧、冬の氷による凍結、融解を繰り返しなどによって橋はどんどん損傷しており、崩壊は時間の問題と言われている。
修復をしようにも立地の悪さと財政面の問題から厳しく、現状では手つかずで見守られている状況である。

アクセス

てっとり早く見たいのならば、国道273号線沿いに展望台があるので、そこから見ることができる。ただし、対岸になるのでかなり遠いが・・・
橋の近くまで行くには、同じく国道273号線から林道に入っていくのだが、その林道は現在一般車両通行禁止となっている。
そのため、近くまで行くには林道の入口から徒歩で行くか、許可をもらって車でいくしかないが、橋までは約4キロあり、さらにヒグマの生息域なので、熊対策に鈴などを持つ必要がある。

関連タグ

廃線 橋梁

pixivに投稿された作品 pixivで「タウシュベツ川橋梁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82

コメント