ピクシブ百科事典

ダブルブリッド

だぶるぶりっど

中村恵里加のライトノベル作品。また、これを原作とする漫画作品である。
目次[非表示]

第6回(1999年)電撃ゲーム小説大賞金賞受賞作品にして、著者である中村恵里加のデビュー作品。
全10巻+外伝1巻。
「怪(アヤカシ)」と呼ばれる、特異な遺伝子を持ち、様々な点で常識を覆す特徴を持った生物が各地で発見された世界を物語の舞台とする。「怪」とヒトの間に生まれた”ダブルブリッド(二重雑種)”と呼ばれる主人公・片倉優樹と危険な「怪」の捕縛を専門とする緊急捕縛部隊(EAT)の隊員・山崎太一郎との交流を描く。

登場人物・用語

片倉優樹(かたくらゆうき)

「怪」のみで構成される特殊警察、通称「第六課」に勤務する女性。階級は巡査部長。「ダブルブリッド」と呼称される「怪」とヒトとのハーフでもある。内閣公認のアヤカシ。
実年齢25歳だが成長(老化)自体は16,7歳で止まっており、愛嬌のある顔立ちと小さい身長が相まって、見た目は10代半ばの少女である。鮮やかな白髪が特徴。
出自故、身体能力は常人離れしている。強い精神力と怜悧さとを併せ持ち、鷹揚とした性格もあってカリスマ的と評される事も。また無類の酒好き。

山崎太一朗(やまざきたいちろう)

「怪」の捕縛・捕殺を目的に結成された特殊部隊、緊急捕縛部隊(EAT)の若き隊員。階級は巡査。
若年ながら優秀であり、中でも射撃の腕は隊でも随一。直情的で自分が正しいと思えば命令に反した行動を取ることもしばしば。「行動に反省はするが後悔はしない」を信条とする。
とある「怪」の捕縛現場で優樹と居合わせ、その縁もあってか「第六課」に出向することとなる。優樹と行動を共にしその孤独や強さに触れ、精神的に少しずつ成長していく。

怪(アヤカシ)

通常生物とは全く異なるDNAを保持している生物「特異遺伝因子保持生物」の、日本国独自の呼称。20世紀半ばにヨーロッパである学者の手によって発見され、その後世界中で捜索がなされた結果、二十世紀末までに世界中で50以上の個体が発見された。
内閣府に存在を公認された甲種は日本国憲法に定められた国民の権利を有し、義務を負う。公職にさえ就くことが許されている。「怪」に人権を認めているのは世界でも日本だけである。

甲種

一般的にはアヤカシの中で人型をとっているものを指すが、元の姿は人型でないことが多く、人間の姿に化けられるもの、と表現した方が正しい。日本では「内閣登録」と「委員会登録」に別れ、前者はアヤカシであることを隠してはいけないが人間と同等の権利を持ち、後者はアヤカシであることを隠して人間社会で生活することができる。

乙種

一般的には甲種以外のアヤカシを指し、見た目は化け物じみた・知能は獣並であるものが多い。大きさも巨大なものからペットサイズなものまでいるため、密輸や密売されていることもある。

関連イラスト

それは、ちとにくとほねの、ものがたり
ダブルブリッド

pixivに投稿された作品 pixivで「ダブルブリッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68173

コメント