ピクシブ百科事典

チューインガム

ちゅーいんがむ

「チューインガム」とは、噛むことで風味を楽しむ菓子。
目次[非表示]

概要

一般的な形状として、板ガム粒ガムがある。
ガムは、キャンディーチョコレートと並んで一般的な間食として好まれているほか、食後に内をすっきりさせる手段としても用いられる。
味は、口内をすっきりさせる目的のため、ミント系が多いが、ほかにも間食の目的では様々なフルーツフレーバーを加えたものも増えている。

歴史

アジアアフリカの原住民の間では、古くから木の葉や種子を噛む習性があったとされている。
西暦300年頃、メキシコ南部からグァテマラホンジュラスなどの中央アメリカにはサポディラと呼ばれる巨木が生えていて、この木の樹液のかたまり(チクル)を噛む習慣から始まったといわれている。
この風習はインディアンヨーロッパの開拓者たちに受け継がれていき、19世紀末にアメリカ人によってチクルに甘味や香料を加えて商品化したことで世界に広がっていった。

弊害

チューインガムをよく噛む全ての人間という訳ではないが、噛んで味の無くなったガムを地面に吐き捨てたり、面白半分に人の家の壁に張り付けるという迷惑行為を行うマナーの悪い者が少なからずいる。
特に地面に吐き捨てられたガムの場合は、何も知らずに踏んでしまった人間の靴の裏にへばり付いてしまうという二次的被害が後を絶たない状況にあり、こういったガムを除去するのは容易ではなく、清掃コストも非常に掛かる等、被害を受けた人間や捨てられたガムを除去しなければならない清掃業員にとっては堪ったものではない事になっている。

シンガポールでは、ガムの所持や持込自体が法律で禁止されており、旅行者もガムを持っていく事が許されない。ただし、キシリトールガムのみは薬局での販売が認められている。


関連イラスト

ちゅーいんがむ
落書き


懐かしの
★きみとチューインガム☆



関連タグ

ACUO 風船ガム  

外部リンク

日本チューインガム協会

関連記事

親記事

ガム がむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チューインガム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48953

コメント