ピクシブ百科事典

ノラヒカ

のらひか

ノラヒカとは ゲーム作品「チョロQHG4」に登場するキャラである。
目次[非表示]

概要


ブラチータウンに住んでいる元レーサー。 レース好きのため草レースなどを仕掛ける連中に
『そんなつまらねぇことしてんじゃねぇ! いっぱしのレーサーを目指しやがれ!』と説教垂れる、そのため周囲から【レースバカ親父】と言われている。

元レーサーということもあってかアドバイスやコース取りをする時の技術を教えたり、

顔が利くのかニャキータウンにある研究所やポクイータウンにあるバーを尋ねてみろと進言したりする。

あまりレースの成績が悪い時には、『特訓してやる』と夜中に呼び出して相手を鍛えたりすることもある。

この時、特訓で負けると『なんだなんだ、どうした! そんなんじゃグランプリレースに出場するのは難しいぞ!!』と言ってくる。(熱血スポーツ番組のコーチのようだ・・・)



特訓で勝つと、願掛けとして【神社のお守り】を渡してくれる。


ある男が参加したグランプリレースを見届けると何処かへ旅行に行ったという・・・


余談


彼が持つ【神社のお守り】は、彼が滞在している間に特訓イベントをこなさないと貰う事ができない。 (彼が旅行に行ってしまうと、貰う事が出来なくなる)


専用BGM【ロンサムマイトガイ】は、彼から『俺の代わりに 友人の墓参りに行ってきてほしい』という頼みをきいてあげるとCDとして入手することができる。(こちらは、彼が旅行に行ってしまった後でも入手が可能で、御礼の手紙と共に同封される。)































































【これより先、この男の正体が記載されているため閲覧には注意されたし】
























かつて、【ゲープコッチ三本槍】に名を連ねたポクイータウン出身のレーサー。


貴族の遊びであったレースにポクイーの連中が出場することは、当時のニャキータウンの一部の貴族には心よく想われてなくサーキット場の裏で酷い仕打ちを受けていた。 それらが多かったため、一時は【レーサーの引退】を考えていた。
だが、ノルキアに出会ったことでレーサーとしての希望を再び持つ

ノルキアと話をしていると技術力がどんどん上達していき、レース後は朝まで話し合い、コース取りや攻め方を語り合った。

いつしか【ゲープコッチ三本槍】に名を連ね、レース帝王のケーニヒ、ノルキアと上位争いをする日々が続いた。

だが、ある日ノルキアと喧嘩別れの形でグランプリレースに挑む。 そして、ノルキアの事故死を目の前で見てしまい、『俺の責任だ・・・』と言って表舞台から去って行った。
(現在でも喧嘩別れの時の事を気にしており、『俺は、お前の友であろうか?』というものの答えを彼から直接聞くことはなかった)

その後は、弔いをするために サーキットに花束を供える日々が続き、その時の事件は毎晩夢に出てきて【悪夢】となって魘され続けた。

自分に希望をくれた存在がいなくなり、荒んだ生活を送っていく中で闇レースに出場。 荒々しい走りや八百長、イカサマ、何でもアリのバトルレースに近いものだったが その荒れ果てた空間は自身も傷だらけになり何れ散っていく身になることが自身に与えられた罰で 償いに似たものを感じていた。 

そういった生活を送っていたある日、『レーサーになりたい!』という一人の女性に出会う。

レースに出ることを反対していた彼女の父を説得し、彼女にレースに必要な技術を教え込む。

その時は、生き甲斐であり 希望をもたらしてくれたという。


しかし、彼女だけじゃなく 人材を発掘しては『レーサーになれ!!』と声をかけていた。

だが、それは【多くの人材をレーサーとして世に送り出すもの】ではなく【ある男への復讐】という個人的な感情が含まれていた・・・

関連タグ

おやっさん

バオボス……次回作における同ポジションのキャラであり、彼も伝説の男でもある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ノラヒカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 207

コメント