ピクシブ百科事典

ノーマーク爆牌党

のーまーくばくはいとう

片山まさゆきによる日本の麻雀漫画。

『近代麻雀オリジナル』にて1989年2月号から1997年4月号まで連載された。単行本は全9巻。

あらすじ
麻雀界に突如あらわれた男・爆岡弾十郎は、自ら「爆牌」と称する、凡人には理解不能しかし強力無比な打法によって、プロ雀士の世界に殴り込みをかける。これまでのセオリーからすれば滅茶苦茶な爆岡にプロたちは当初反発していたが、不敗の実績を積み重ね続けるその存在はいつしか高い壁となって立ち塞がることとなった。
それはひょんなことからまだ麻雀界で無名だった頃の爆岡と知り合い、彼の強さに惹かれプロになった鉄壁保にとっても同様である。凡人・鉄壁は天才・爆岡に勝てるのか?――当初不可能と見えた爆岡が使う謎の「爆牌」攻略を、鉄壁は着実に進めてゆく……。

概要
それまでは「ぎゅわんぶらあ自己中心派」などギャグ色の強い麻雀漫画を得意としていた片山が、緻密な闘牌描写と王道のストーリーテリングを本格的に導入し、現在でも片山の最高傑作と推す声が多い。

ただしごく初期はかつてのギャグ漫画の要素を色濃く残しており、作者本人もあとがきで「見切り発車」と記している(実際にどこまでが初期の構想か詳細は不明であるが、作品の核となる「爆牌」のロジックですら連載しながら考えたものとのこと)。
つまり初期の爆岡を主人公とし鉄壁ら雀荘の仲間たちとどたばたを繰り広げるギャグ路線の話から、中期以降の鉄壁が主人公となり彼含むプロ雀士たちがいかに不敗の王者・爆岡を攻略するのか?という緻密な闘牌に支えられたストーリー路線へと、一種の路線転換が作中で見て取れるのである。
また主人公にしてラスボスである爆岡の性格づけも、初期の口数が多く傲慢なイケイケキャラから、中盤以降の口数が少なく傲岸不遜ながら底の知れないキャラへと転換が起きている(一応、作中でも迫り来るライバル達にプレッシャーを感じている描写があり、その辺の事情が性格が変わったようにみえる要因だと捉えられなくもない)。

pixivに投稿された作品 pixivで「ノーマーク爆牌党」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40201

コメント