ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ハムバッカーピックアップ(Humbucker pickup)とは、
ギブソン社の技師であったセス・ラヴァー氏が1955年に開発したエレキギター用ピックアップの名称である。

概要

それまで主流であったシングルコイルピックアップを二つ横に並べ、
シングルコイルの弱点だった低いノイズ(ハムノイズという)を打ち消す事に成功した画期的なピックアップである。

音質

二つのシングルコイルを使っているためコイルの巻き数が倍加されている事、弦との物理的間隔に差がある事などから、
中音域に暖かみのあり倍音に富んだ音を放つ。
総じて出力が高く、アンプにつないだときに歪みやすいため、
ロック音楽などで多用されるオーバードライブやディストーション効果を得やすい。

関連タグ

ギブソン
SG
レスポール

コメント