ピクシブ百科事典

パールシスターズペルル

ぱーるしすたーずぺるる

パールシスターズペルルは、『カードファイト!!ヴァンガード』に登場するユニットの1つ。
目次[非表示]

概要

エクストラブースターパック第2弾「歌姫の饗宴」で登場した、グレード1のバミューダ△に属するユニット。

公式設定にもあるが、ペルラとは姉妹関係で、イラストも繋がる関係にあり、こちらは左側にあたる。

公式設定

クール&キュートが売りのアイドルユニット「パールシスターズ」の姉。
研ぎ澄まされた刃のような美貌を持ち、一部のファンには『真珠色の剣(パールセイバー)』とも呼ばれる。
イメージカラーは白と青であり、美しく壮大な演出と共に描かれる彼女の曲中は、会場一面が青い光で埋め尽くされるとのこと。
勝気で強気な発言が多く、メディアには横柄などと揶揄されることもあるが、毎回過剰にペルラの事を心配する妹思いな一面もある。
「私達の歌が聞けるなんて、ありがたく思いなさいよ?」

ユニットとしての性能

リアガードとしての登場時、場に居るパールシスターズペルラ1体に対して、そのターン中の間「ヴァンガード・リアガード共通で、アタックが敵ヴァンガードにヒットした場合、1点のソウルチャージを行い、1ドローする」効果を付与する。
X体(orX回)配置することでの重ね掛けも利くため、重ね掛けのこの効果が成立した場合、1度のアタックでX点のソウルチャージとXドローが可能になる。(Xは登場した回数に等しい)
ただし一括で行えないため、効果処理は「1点ソウルチャージして、1ドロー」を繰り返すことや、このカードがリアガードとして登場したターンのみの能力付与であるという点には注意が必要。

余談

イマジナリーギフトが登場し、デザインやルールが一新されたヴァンガードだが、これまでもグレード違いや同名別効果などによるリメイクカードも多数存在し、彼女が所属するバミューダ△もまた例外ではなかった。
特にパシフィカやコーラルなどは何度も登場し、その人気の高さを伺わせたが、彼女はというと、妹も含めてリメイクカードは一切無しである(もちろん、リメイクカードが無いユニットの方が多数派なのだが)。
それはもちろん上記の効果の使いづらさとその割には現在どころか当時でさえそこまで強くない能力というのが、彼女達にとっての逆風となってしまったのだろう。
しかし、彼女らの功績には上記のパシフィカ達ですらできなかったある偉業が存在する。
上記の収録パック「歌姫の饗宴」は、バミューダ△が本格的な参戦をした初のパックである(ほんの数枚のみ先行収録されることはあったが、当然それだけではバミューダ△単クランでデッキを組むことはできなかったし、その先行組も全員このパックに収録されていたので事実上の初参戦パックである)。
これは言い換えれば「バミューダ△というクランの初お披露目」ともいえるパックであった。
それまでもヴァンガードをプレイしていたファイターはもちろん、可愛い女の子デッキなら組んでみたいなどといった非ファイターの主に大きなお友達もそのパックを買いに走ったのだが、実は彼女達姉妹はそのパッケージイラストに、まるでアイドルグループのセンターであるかのようにデカデカと描かれているのだ。
実はこのパックはリヴィエール、パシフィカ、レインディア、シズクやエリーなどといった今でも人気のユニット(アイドル)も収録されており、彼女らを抑えてのセンター起用である。
当然このパックにも、ボックスにも、販促のためのポスターにも、大きく描かれているのは彼女達パールシスターズであり、このパックのCMでも真っ先に登場したのは彼女達であった。
当時はバミューダ△=歌姫の饗宴=パールシスターズというイメージさえ作り上げた、偉大なバミューダ△の初代センターアイドルである。


今となってはインフレや新規アイドル達の人気に押されて、特に新規勢からは忘れ去られているだろう彼女達ではあるが、昔からのファイターはその偉業を忘れることはないだろう。
また、地味にバミューダ△の得意技である自分の場のリアガードを手札に戻す効果を有効利用することができる効果を持つなど、バミューダ△がどういう動きをするクランなのかをイメージしながら作られたカードなのだろうというところも彼女達を語る上で外せないところである。
いつの日か再度登場できるかどうかは、残念ながら非常に厳しい話ではあるのだが。

pixivに投稿された作品 pixivで「パールシスターズペルル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4896

コメント