ピクシブ百科事典

ビシュケク

びしゅけく

キルギス共和国の首都。

キルギス共和国北西部に位置する同国の首都
「ビシュケク」と言う名称は馬乳酒を作る攪拌器名称に由来。
ロシア帝国領時代には「ピシュペク」(Pishpek/Пишпек)と言う名称であり、1926年には前年に死去した同地出身の政治家ミハイル・フルンゼ(1885-1925)に因み、「フルンゼ」(Frunze/Фрунзе)に改称。
1991年ソ連崩壊後に独立を果たした際に現在の「ビシュケク」という名称に戻った。

コメント