ピクシブ百科事典

ビジンサマ

びじんさま

ビジンサマとは、長野県に伝わる怪異であり、山の神の類のものである。
目次[非表示]

概要

長野県に伝わる怪異。に住んでいるもので、これが通る日は人々は山仕事を休む。

『民間伝承』68号にその詳細が寄稿されている。
信州上伊郡の川島村(辰野町)の奥山で見た人の話では、黒雲に包まれた丸い玉で、下に赤や青のビラビラのが下がっている。両手で抱えられないほど大きく、木のうなるような音をたてるとされる。
蓼科山(たてしなやま)でも晴れた日の午後二時に、これと同じものを見た人がいるという。

山の神の日は仕事を休んだり、山に入るのを禁じたりするのは全国的によくある山神信仰であり、このビジンサマも例外ではない。禁忌を犯したビジンサマの目撃者はその後無事だったのだろうか。

一応神の類ではあるが、書籍などでは妖怪ものに纏められている。「神寄りの妖怪」ってことだろうか。この記事でもとりあえずは先人たちに倣って「妖怪」カテゴリに入れることにする。

創作におけるビジンサマ

水木しげる作品

  • 妖怪画

人魂のような形の赤い胴体の中に丸い玉、その下周囲にに御幣のような赤と青のビラビラの紙…というデザイン。
こぐま社発行の絵巻き絵本「妖怪の森」では黒い体に赤い玉で青いビラビラとカラーリングが違う。
やのまんブックス発行の「鬼太郎と行く 妖怪道五十三次」では日坂に登場する。ストーリーでは一反木綿がビジンサマを恐れて姿を隠してしまっている。ここでのカラーリングは赤と黒が複雑に混ざっている胴体で、ビラビラがカラフルになっている。

おかあさんといっしょ

ようかいしりとり」という楽曲でまさかの歌詞に採用されるという優遇を受ける。
…まあ、歌詞全体を見ても結構マニアックな妖怪が多いのだが。

ちなみにここでの姿は白い雲に包まれた黒い玉で、赤と青のビラビラがついているが、最大の特徴は黒い玉の部分に顔があること。カラーリング的に伝承とはちぐはぐな姿だが、子供向けな親しみやすい姿になった。

天下統一クロニクル

黒雲に乗った着物の娘として描かれている。長い三つ編みの髪は赤と青が混ざったカラーリングで、腰からもビラビラの紙を下げている。進化すると、髪の赤と青の配色が入れ替わり、服が青っぽくなって紫色の羽衣が付属する。

関連タグ

 妖怪 
 

pixivに投稿された作品 pixivで「ビジンサマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30

コメント