ピクシブ百科事典

概要

漫画「魔女娘ViVian」の登場キャラクター。

伝説の島・アヴァロン島に住む魔女。14歳。

魔女の中でも屈指の実力を持つラナンを祖母に持つ。アラウネとは幼なじみで親友。

魔法はドへたくそだが魔力は魔女一番。魔法を操るテクニックがド下手なので魔法の成功率は0%に近いが、魔力だけは超協力なために、周りに被害を及ぼしてしまう。そのため、魔女の中ではダントツで落ちこぼれであり、魔女学校ではビビアンとアラウネとサラの3人は「落ちこぼれベスト3」と揶揄されていた。

魔法の呪文は「ムチムチプリン」

性格はドジでおっちょこちょいだが、いつも元気でいっぱい。語尾に「~デス」とつける。なんでも鑑定団好き。

プロポーションは抜群で巨乳。そのことで貧乳のアラウネとはよく喧嘩のネタになった。


自分の結婚相手に選ばれたあかり一休が理想のタイプだったため大喜びするが、長老のミスで結婚相手がアラウネとダブルブッキングしてしまう。予備候補として選ばれたのが変態親父アンドロコフ・サノバビッチだったため、ビビアンもアラウネも一休がいいと主張して、そのときからビビアンとアラウネの友情は消滅して親友からライバル同士になった。

肝心の一休は修行熱心で、さらに修行中の身で女人に触れることは禁じられているため、一休に相手にされず、ビビアンはアラウネと一緒に伝休寺に住み込んで留学生として学校に通うなど、一休に振り向いてもらうべく健気に努力する。

祖母ラナンはサノバビッチを気に入っていて、ことあるごとに一休との結婚を反対されるが、ビビアンも負けじと抵抗して、ビビアンがラナンの魔法でブサイクに変えられるなど、たびたび騒動を起こしていた。


前述のとおり、アラウネとは恋のライバルになり、一休を取り合って対立するが、友達を思う気持ちは強く、終盤でアラウネを助けるために、アラウネの膨大な魔力を体内に取り込んで命を落としかけたりした。

最終話で、「奴隷(ムコ)自慢格闘技大会」で優勝した一休をラナンが認めたこと、アラウネが身を引いたことで、ビビアンと一休は晴れて相思相愛になった(結婚は一休の修行が終わってからだと思われるが)。


関連タグ

魔女娘Vivian アラウネ

関連記事

親記事

魔女娘ViVian まじょっこびびあん

pixivに投稿された作品 pixivで「ビビアン(魔女娘ViVian)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 592

コメント