ピクシブ百科事典

フィッシュマンズ

ふぃっしゅまんず

フィッシュマンズは、日本のバンドである。

メンバー

佐藤伸治 … ヴォーカル/ギター
茂木欣一 … ドラムス
柏原譲  … ベース
小嶋謙介 … ギター(94年まで在籍)
ハカセ  … キーボード(95年まで在籍)

経歴

  • 1987年結成。結成時のメンバーは佐藤、茂木、小嶋の三人。
  • 1991年4月、シングル「ひこうき」でヴァージンジャパン(後のメディア・レモラス)からメジャーデビュー。

同年5月、ファーストアルバム「Chappie,Don't Cry」発売。プロデュースはMUTE BEATのこだま和文。メルボルンでのレコーディング。
同年の11月、更にミニアルバム「Corduroy's Mood」発売。ジャケットの写真は服装と発売の時期もあって冬の写真のように見えるが、実は8月の終わりに撮られたもの。

  • 1992年10月、セカンドアルバム「King Master George」発売。パール兄弟の窪田晴男がプロデュース。先行シングル「100ミリちょっとの」は深夜ドラマのタイアップ付きであった。
  • 1993年10月、サードアルバム「Neo Yankee's Holiday」を発売。遂にセルフプロデュース。名曲「いかれたBaby」はこのアルバム収録。 シングル曲「Walkin'」は犬の番組のタイアップ付きであった。
  • 1994年6月、ミニアルバム的なマキシ「Melody」発売。そしてシングル発売直後、
フィッシュマンズのオリジナル・メンバーであったオジケンこと小嶋謙介が脱退。
オジケン在籍時最後のライブはICEとの対バンであった。 因みにこの「Melody」のアナログ版はメンバー直筆の通し番号つき1000枚限定という代物で、当然今買おうとしても高い。
同年10月、アルバム「Orange」発売。このアルバムからジャケットデザインがムーグ山本の担当になる。
  • 1995年3月、ライブ・リミックスアルバム「Oh!Mountain」発売。ライブ音源をカッコよく再編集。初期の作品の総まとめ的な選曲。
同年、ポリドールに移籍。そして9月15日の移籍記念ライブをもってハカセ脱退。因みに佐藤はそのライブで「移籍は楽しいです。また移籍したいです!」とムチャクチャな一言を…
  • 1996年2月、アルバム「空中キャンプ」発売。90年代の邦楽を語る際に必ずと言っていいほど名前が上がる、いわゆる名盤。
同年9月、シングル「SEASON」発売。そして10月にアルバム「LONG SEASON」発売。「SEASON」のロングバージョン「LONG SEASON」の35分一本勝負な一枚。
  • 1997年7月、アルバム「宇宙 日本 世田谷」発売。これが事実上最後のスタジオ録音アルバム。シングル「MAGIC LOVE」はCDTVのタイアップ付きであった。
同年10月、シングル「WALKING IN THE RHYTHM」を発売。アルバム「宇宙 日本 世田谷」収録の同曲をZakが30分超の組曲(風)にリミックス。
  • 1998年8月、ライブ・リミックスアルバム「8月の現状」を発売。「Oh! Mountain」と同じような手法で作ったアルバム。しかし編集が「Oh! Mountain」より緻密に。
同年12月、シングル「ゆらめき IN THE AIR」発売。

そして1998年12月28日の赤坂BLITZでのライブ「男達の別れ」ツアーファイナル。これがフィッシュマンズ最後のライブとなる。
なお、このツアータイトルは柏原譲の脱退に掛けて名付けられたものであったが、期せずしてバンドの終焉を表すようなタイトルとなった。

  • 1999年3月15日、佐藤伸治、この世を去る。そしてバンドは活動休止。

その後、茂木欣一と柏原譲が中心として「フィッシュマンズ」名義で数回ライブを開催している。
そのうち2005年11月に行ったライブ「LONG SEASON REVUE」は「THE LONG SEASON REVUE」という映画としてDVDでリリースされている。

なお、それぞれのメンバーの現在の活動はこんな感じ。

茂木欣一 … 東京スカパラダイスオーケストラのメンバーとして活動中
柏原譲  … Polaris、OTOUTAのメンバーとして活動、またプロデュース業も
小嶋謙介 … 現在は音楽ではなくデザイン業などで活動中
ハカセ  … キーボーディストとして活動中

pixivに投稿された作品 pixivで「フィッシュマンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14386

コメント