ピクシブ百科事典

フォンシュピッツヴェーグ卿ツェツィーリエ

ふぉんしゅぴっつゔぇーぐきょうつぇつぃーりえ

『まるマシリーズ』のキャラクター。

CV:勝生真沙子

概要


通称・黄金のツェリもしくはツェリ

年齢不詳の第26代魔王陛下。現在は上王。フォンシュピッツヴェーグ卿シュトッフェルをという兄を持もつ。

政治には疎く、それを自身も自覚している。その為、26代陛下の時は、政治の全てを兄にまかせた。
恋多き女性で、自由恋愛旅行に陛下時代から度々出かける。もちろん現在も。

フェロモンがずば抜けてでている、THE大人の女。スタイルがいい。

眞魔国三大魔女の一人。それでいて、フォンヴォルテール卿グウェンダルウェラー卿コンラートフォンビーレフェルト卿ヴォルフラムという魔族似てねえ三兄弟の母でもある。
フォンウィンコット卿スザナ・ジュリアとは仲が良かった。
フォンカーベルニコフ卿アニシナという赤い悪魔も怯むことがある強い女性。

モルギフに噛まれた唯一の人物。

時折、美熟女戦士となり、を振るう。
因みに「若作り」なんて言うのが聞こえてしまったら……考えるだけで恐ろしい。

彼女の愛称・ツェリというタグを使用する人が多いようだ。


関連タグ


今日からマ王! ツェリ

コメント