ピクシブ百科事典

フランクリン(HUNTER×HUNTER)

ふらんくりん

「HUNTER×HUNTER」の登場人物。幻影旅団団員。
目次[非表示]

概要

CV:金子幸伸→乃村健次(1999年版)、木内秀信(2011年版)
幻影旅団団員。身長219cm。体重225kg。流星街出身。
旅団結成時からの初期メンバーの1人。
フランケンシュタインの怪物のような風貌をした巨漢で、長い耳たぶや顔に負った無数の傷が特徴的な男。
戦闘スタイルは豪快で手当たり次第に敵を虐殺するが、仲間内では比較的温厚な性格。
ウボォーギンの死後はノブナガパクノダの内心を汲み、決裂寸前の団員達を仲裁した。
シズクの保護者的存在なのか、彼女とは一緒に行動することが多い。

念能力

放出系能力者

俺の両手は機関銃(ダブルマシンガン)

両手十指から、念弾を乱射する能力。
フランクリンの両手の指は全て切断されていて、本人の意思で指先を自由に切り離せるようになっている(切断した指先を鎖でぶらさげている)。
指の断面から念弾が射出されるため、射撃中は手先が使えなくなるというリスクが生じる。
威力向上のために指を切り落とすという、フランクリンの覚悟と制約によって、念弾一発一発が凄まじい威力を持つようになった。

アニメ版だと指の切断面が銃口そのものに改造されており、ビジュアル的にもわかりやすい。

関連イラスト

旅団員_その2
蜘蛛
SDフランクリン
"俺の両手は鬼生獣"



関連タグ

HUNTER×HUNTER
幻影旅団 ノブナガ=ハザマ ウボォーギン シズク

pixivに投稿された作品 pixivで「フランクリン(HUNTER×HUNTER)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9991

コメント