ピクシブ百科事典

ブラフェイ

ぶらふぇい

『エリオスライジングヒーローズ』(エリオスR)に登場するブラッド・ビームス×フェイス・ビームスの腐向けカップリング。
目次[非表示]

概要


エリオスライジングヒーローズ』(エリオスR)に登場するブラッド・ビームス(兄)×フェイス・ビームス(弟)の腐向けカップリング。


真面目すぎる程の兄と、仕事に対して真面目ではなく夜遊びが好きな弟。
実の兄弟同士(ビームス兄弟と呼ばれる)であるものの、現在は何かと距離を置いているふたりである。


本編ではまだその理由が詳しく明かされていないが、フェイスはブラッドに憧れヒーローを目指したということもあり、昔は仲が悪くは無かったと思われる。フェイスのストーリー、「忘れられたレコード」などを読むとビームス兄弟の昔の関係が少し覗けるはず。是非読んで見てほしい。

距離を置くというのもどちらかと言うとフェイスの方から突き放す印象が大きく、そこが腐向けで描かれることが多い。とてもかわいい。

コンビ名は「距離を置く兄弟」
そのままである。

プロフィール


名前ブラッド・ビームスフェイス・ビームス
一言で鉄壁の絶対君主甘く繊細なクーベルチュール 
英語表記Brad.BeamsFaith.Beams
担当セクターサウスウエスト
サブスタンスインペリアル・ジャッジブレイクビーツ
能力磁気の力であらゆる金属を操ることができる音による振動を自由に操ることができる
ランクメジャーヒーローA
年齢28歳19歳9歳差
誕生日9月15日2月14日
身長185cm178cm7cm差
体重71kg65kg6kg差
血液型ABAB
趣味ドライブクラブ通い
家族構成父・母・弟父・母・兄 
好きな食べ物寿司ショコラ
嫌いなもの非効率面倒くさいヤツ 

※公式サイトより。


余談


※ネタバレを含みます。

他に何かありましたら追加しておいて下さい。








・容姿はぱっと見では兄弟だとはわからないくらい正反対だが、よく見ると目の色が同じで形が似ている。(下まつげ……)
兄の方は切れ長で弟の方はやや垂れ気味である。


・誕生日ボイスについてのネタ

○フェイスはガスト・アドラーの誕生日ボイスにて、「『アニキ』だもんな。」とどこか自分の兄に関係するかのような含みのあるセリフを残していた。

○フェイスはブラッド・ビームスの誕生日ボイスにて、ビームス兄弟は両方「すっかり忘れていた」と同じ事を言っていたが、弟の方は忘れていなかったんじゃないのか?と多くの司令が思ったであろう。

○フェイスはジェイ・キッドマンの誕生日ボイスにて、「ブラッド・ビームスキース・マックスはお祝いをしていなさそうだ」と話している。しかし実際には二人とも彼をお祝いしに行っていたようだ。兄に対しての印象がかなり冷たい人間だということがうかがえる。(こじらせすぎでは?)


以上のことからもフェイスのほうがいかにブラッドに対して言及しているかがわかる。
それに対して、ブラッドがフェイスについて言及することは今現在ほとんどないのである。つまりブラッドがフェイスに対してどう思っているのかわからない状況である。(生活態度以外何か言うことはないんですか?)


・パトロール中のヒーローのセリフで、二人とも「何か見つけたのか」と言う内容がある。
同じ事を言うなんて仲良しである。


・カードを編成する際のボイスにて、二人とも「俺を選ぶ」から始まる。
同じ事を言うなんて本当に仲良しである。


オスカー・ベイルいわく、「11,12歳のころはフェイス・ビームスも兄であるブラッド・ビームスに対しては素直だった」そうだ。お気に入りのレコードをプレゼントするくらいで、本人も否定していないため、事実なのだろう。


・概要にもあるが、今のところ唯一と言える兄弟仲良しエピソードは★3「忘れられたレコード」フェイス・ビームスのカードストーリー「思い出のレコード」のみで見ることができる。


・件のレコードにはとあることわざが書かれており、それは
「Where there is a will there is a way」
というもので、意味は
「意志のあるところに道がある」(Google翻訳より)
である。何か関係しているのだろうか……


・11月9日(月)に「インターネットラジオステーション音泉」にて「ラジオ マンデーナイトヒーロー」の17回めが配信された。
注目すべきは29:14~の朗読パートである。

ことの経緯については割愛するが、口論がヒートアップするビームス兄弟、をぴたりと止めたのは

「ごめんなさい、許して、ブラッドお兄ちゃん!」

という一言であった。
即座に「俺ではない」と否定するフェイス、「ビリーがフェイスの声真似を?」と驚いた様子でビリー・ワイズに問いかけるブラッド。そう、口論中の兄弟を止めた一言を放ったのはフェイスの声真似をしたビリーだったのである。(もはや声真似の域を超えている)

このことから『幼いフェイスはブラッドのことを「ブラッドお兄ちゃん」と呼んでいたのではないか』ということが推察できる。
ぜひ一度、実際にラジオを聞いてみることを推奨する。




二人の仲が今後どうなっていくのか、気になるところである。



関連タグ

エリオスライジングヒーローズ エリオ腐R 腐向け
ブラッド・ビームス フェイス・ビームス

関連記事

親記事

エリオ腐R えりおふあーる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブラフェイ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブラフェイ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 375621

コメント