ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:田中理恵

概要

ドミトレスク夫人の娘の1人。
金髪で、赤い首飾りをしており、口元は血で汚れている。

三姉妹の長女で、物静かで姉妹の中で一番頭が冴えている反面、母親譲りの自尊心と傲慢さの持ち主であり、イーサンの事は単なる餌としか見ていないばかりか、「Manthing(日本語吹き替えでは人間風情となっているが、完全な造語。彼女の発言から考えると、直訳は「オスガキ」か)」「Little one(坊や)」と称するなど、ドミトレスク家以外の人間を総じて見下している事が伺える。

ハルパーを所持しており、これで相手を斬りつけたり、足に刺して引きずり回したりする。

関連タグ

オルチーナ・ドミトレスク カサンドラ・ドミトレスク ダニエラ・ドミトレスク












以降、本編のネタバレにつき、注意。










彼女の正体は、マザー・ミランダの行った「カドゥ」を用いた人体実験の被験者である。他の姉妹と同じく、女性の遺体にカドゥを産卵させ、産まれてきた蝿に似た無数の肉食虫に食わせて誕生したものである。一見人間に見えるが、実際は集合フェロモンによって人型に擬態した虫の集合体である。そのため、銃弾を受けても無数の虫となって回避してしまう。これにより無数の虫に分離して狭い隙間から各部屋に自由に出入りすることができ、鉄格子をすり抜けて移動する事ができる。
その自尊心の高さも、自らの正体と能力を把握しているが故と思われる。肉食虫本体は獰猛な性格であり、イーサンを捕食しようとするのは本能による行動である。また、口元の血を吹いていないのは、虫の集合体ゆえに拭えないからだと思われる。
しかし、肉食虫は冷気(摂氏10℃以下)に触れると硬直するという弱点があり、硬直している間は攻撃が通じるようになる。また、肉食虫自体には繁殖能力が無いため、体を構成する虫が殺されると替えが利かないので再生できない(侍女の手記によると、1958年に存在が確認される事から、虫にしてはかなりの長寿である)。

また、他の姉妹と同様にドミトレスク夫人の実の娘ではなく、元々は赤の他人であることがドミトレスク夫人の手記から示唆されている。
ベイラという名前も、怪物として生まれ変わった時にドミトレスク夫人に名付けられた名前であり、本来の名前は不明。長女という立場も、ドミトレスク夫人がその様に決めていたに過ぎない

三姉妹の内、最初に戦う相手である。
カサンドラに追われて地下牢に落ち、戻ってきたイーサンを襲撃。
最初は攻撃が通じない事に慢心してか余裕の態度でイーサンを嘲るも、彼が闇雲に行った銃撃により、割れた窓から吹き込んできた冷気を浴びた事で弱点が露見
冷気で肉食虫が硬直したために苦しみだして当初の余裕を失い、「おのれ、人間ごときが!(You stupid manthing!)」と激昂しながらイーサンに襲いかかるも返り討ちに遭い、断末魔を上げながら絶命。最期までイーサンに襲いかかろうと執念深く剣を振りおろそうとしたまま硬直し、肉体が崩壊した。

こうしてイーサンは図らずも、三姉妹の弱点を知ることになった。

余談

ベイラの声を担当した田中理恵氏はYoutubeでゲーム実況の動画のチャンネルを解説しているが、自らも出演したバイオハザードヴィレッジのプレイ動画もアップしている。

バイオハザードヴィレッジ】ベイラ役 声優 田中理恵がいく!初見ヴィレッジ!

…ちなみに、敵キャラとはいえ、自分の演じたキャラが倒されることにはやはり複雑な思いがあったのか、彼女が倒されるシーンでは「あぁぁぁ!私がぁぁぁ!!」と絶叫している。

関連タグ2

グズネド:「6」で登場した同じく虫の集合体から構成されるBOW。人型の形態も三姉妹同様、女性の面影を見せている。
謎の美青年:「0」で登場した悪役。シリーズ的にある意味三姉妹の先輩。
ヴェルデューゴノビスタドール:「4」で登場した虫型のBOW。前者は同じく冷気が弱点で、後者は三姉妹とは逆に虫の姿へと変貌した元人間である。

関連記事

親記事

オルチーナ・ドミトレスク おるちーなどみとれすく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベイラ・ドミトレスク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 418675

コメント