ピクシブ百科事典

ホイホイさん

ほいほいさん

20XX年、ありとあらゆる駆除剤を克服し、人類にとっての大きな脅威となった害虫(主に「G」)に対処すべく、日本企業マーズ製薬(後に米ゼンテックス社に吸収されゼンテックス・マーズに改称)が開発した超小型害虫駆除ロボット(インターセプタードール)。体長11.5cm。
目次[非表示]

標準装備の銃器及び後始末用ホウキの他、数多のオプション装備・衣装が存在する。
価格は31,290円(税込)。お求めは全国薬局にて。

なお、ロボなので無表情。別途フェイスパーツをお買い求めください。

正式な商品名(及び作品タイトル)は「一撃殺虫!!ホイホイさん」。
元ネタは言うまでもなく、アース製薬の「ごきぶりホイホイ」。

姉妹機・類似品

コンバットさん

作戦行動中


ライバル企業・キンリュー社が開発した同種の商品。
音声認識機能を備えているのが特徴だが、指示を理解できなくても返事をしてしまう困った仕様である。
また、他社商品(=ホイホイさん)と併用した場合、それらを敵と認識・攻撃するという「不具合」が存在する。

商品名は「殲滅指令!!コンバットさん」。

元ネタはキンチョーの殺虫用毒エサ「コンバット」。

ペストXさん

ペストXさん


不祥事によりマーズ製薬を辞めさせられた開発部長が、米ゼンテックス社にヘッドハンティングされて開発したモデル。
身体のどの部分も組み換え・自作が可能な構造となっており、高いカスタマイズ性を持つ。
また専用バイク「オボロ」と合体することにより、害獣対策モード「大鉄腕」に変形することも可能である。

開発部長の怨念が乗り移ったのか、コンバットさんを攻撃する場合も。

後にゼンテックス社がマーズ製薬を吸収合併したため、ホイホイさんとは正式に姉妹機の関係となった。

元ネタは米国製対ゴキブリ・ネズミ電磁波発生装置「ペストX」。
深夜TV通販など、お目にかかる場所が少ないので他の2つと比べると少々マイナーな元ネタではある。

プラモデル化

連載当時に通販限定でフィギュアが発売されたが、つい近頃コトブキヤからプラモデルとして一般販売された。
これはプラキットです。」のキャッチコピーが秀逸。
ガンプラをはじめとする他のプラキットの武器パーツを持たせたり、塗装をしたりして
オリジナルのホイホイさんを作るユーザーも多くいる。

超合金フィギュア化

また、バンダイから超合金ブランドで立体化がされている。

関連タグ

田中久仁彦 釘宮理恵

pixivに投稿された作品 pixivで「ホイホイさん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1005737

コメント