ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

メディカルセンターで主人公の母親の助手として働いている長髪に眼鏡をかけた穏やかな男性。

カスタムロボが好きでスバルという甥がいる。


…ん?「メイン画像と説明が食い違っている」って?






概要編集


「ムーブオン、オラクルヘッド!」


ーーーー上述の内容は全てフェイク。

正体は闇組織ドレッドの幹部にして『異端の闇軍師』という異名を持つマッドサイエンティスト

極秘で臨床試験中だった医療用ナノマシンの技術を狙いメディカルセンターでスパイ活動を行なっていた。


コマンダーの操縦なしで活動出来る自律機動型ロボを企業よりも早く実用化しており、バトルの際も自らプログラムした『オラクルヘッド』を使用する。

ロボにダイブしないため違法パーツによるダメージは一切無いはずだがプライドの高さ故に負けると戦意喪失という形で他の幹部同様動かなくなる。


ドレッド壊滅後は逮捕、投獄されたが次回作『V2』でライバル組織である秘密結社ゴライアスの手引きで脱獄し他のメンバーより早く再登場。

眼鏡を色つきのものに替えたり指抜きグローブをはめるなど服装が変わり常に閉じていた目も開けるようになったがかなり人相が悪くなった。


ゴライアスに加入してからは巷で話題になっていた2人で1体のロボを操る『デュアルダイブ』に目をつけ、2体のカスタムロボを分子レベルで融合させデュアルダイブ専用のカスタムロボを製造する装置『ロボ・リジェネレータ』を発明した。


コマンダー達がアジトに突入してきた際は無数の自律機動型ロボで足止めを行うが、オラクルヘッドを倒され追い詰められた所にドレッド事件の被害者であるユリエに「カスタムロボにダイブするのが怖い臆病者の陰気メガネ(要約)」と挑発され激怒。

新機体『スティンガーヘッド』にダイブして目の前にいたプレイヤーに襲いかかるも返り討ちに遭い今度こそノックアウトされた。


その後、激闘編でも登場するがドレッドとゴライアスが同時に復活したせいで対立する組織を掛け持ちする状態になってしまい身の振り方に悩む羽目に。ドレッドで活動する際はオラクルヘッド(自律機動型)を使い、ゴライアスではスティンガーヘッドにダイブして戦う。


余談編集

・劇中では「コマンダーがダイブしたカスタムロボは持ち主に似る」と言われ、ユリエがこれをネタにホムラを煽っていたが、ホムラが使用するロボは2体とも人間の要素を反映しようがない奇怪なデザインをしている。

具体的には、

・オラクルヘッド…棒人間に例えられる細長い体型に加え、箱型の胸部に2つ・円盤型の大きな頭に1つ、合計3つのモノアイが縦に並んでいる。

ムーブ・オン!

・スティンガーヘッド…こちらも棒人間体型で胸部に血走った眼球が1つ埋め込まれ、戦闘機のようなトンガリ頭の中心を半周するように小さい目が多数。


・カスタムロボにダイブした際は少なからず体力を消耗するもので、中にはダイブ時に体調を崩す『ダイブ酔い』を起こす人もいる。ホムラが直接戦わないのは単純にダイブ酔いしやすい体質のため。

激闘編では酔い止めの薬を飲んでからバトルするようになるが適当な所から盗んできたせいでシーザーの薬を飲んでしまう一幕も。


・自律機動型ロボの実用化や本来の仕様にない遊び方に着目するなど、ホムラが優秀な科学者である事には間違いない。

少数なから使い手がいるデュアルダイブに合わせたロボや、言及されなかったものの開発に関わったであろう巨大ロボならイベント用のボス機体にするなど一定の需要が見込めるだけに、折角の才能が裏の世界に埋もれてしまったのが悔やまれる。

※実際ベイオネットは最大規模の公式大会にエキシビションマッチという形で登場している。


関連タグ編集

カスタムロボ

マッドサイエンティスト

関連記事

親記事

闇組織ドレッド やみそしきどれっど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1066

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました