ピクシブ百科事典

違法パーツ

いほうぱーつ

違法パーツとはカスタムロボシリーズに登場するパーツの内、安全性などを無視したレギュレーション違反のパーツのことである。多くが合法パーツを改造したものである。BR以外は使用者名がそのままパーツ名となっているものが多い。
目次[非表示]

概要

カスタムロボシリーズに登場するパーツの一種。
既存のパーツを改造、もしくは新たにパーツを開発したもので、レギュレーションを超えた威力を持っている。相手に大きなダメージを与えるほか、使用者もバトルに負けるとその威力の反動で気絶するほどのダメージを受けることが多い。
それゆえ警察機関であるポリス隊によって使用が禁じられている。
本編において戦うこととなる敵の違法組織の幹部が主に使用。
ストーリーのクリア後に遊べる「激闘編」において一定の条件を満たす、違法パーツを専門に扱う店で購入するなどすればプレイヤーも使用可能となる。ちなみにプレイヤーが使用する場合は使用者が負担を感じる描写は無い。
「激闘編」での使用時にはスコア減点、「GX」のスト-リーモード中の大会では優勝賞金と商品が入手できなくなるというペナルティがある。「GX」では違法パーツの使用が認められている大会が「激闘編」のどこかで開かれているらしいが…?

パーツ一覧

カスタムロボシリーズに登場する違法パーツの一覧。複数作品に登場するものは最初に登場した作品に入れている。

ロボ

V2

名称ベース
ベイオネットストライクバニッシャー

ストライクバニッシャー型のランスとスピアが融合したという設定の違法ロボ。それゆえ、カラーリングも左右非対称となっている。
名前の由来は銃剣で、公式サイトによると「刃物(ストライクバニッシャー型には刃物に関係する名がつけられている)よりさらに強い」というイメージとのこと。

メイジェルセクシースタンナー
旅立ち編にて意外な人物が使用する。「激闘!」にも登場。対空能力が強化され、空中でのアクションが空中ダッシュから多段ジャンプに変化している。
公式サイトによると名前の由来は女性の名前から。
レイⅡダークシャイニングファイター
主人公機であるレイⅡ(レイMkⅡ)をそのまま黒くしたようなカラーリング。「激闘!」での登場時には目にバイザーが追加された。能力値のバランスが取れており、特に機動力は最高クラスの数値を誇る。
その名の由来については、公式サイトによると「ニセモノといえばやはりブラックかダークでしょう」とのこと。
ジェイムスン
ジェイムスンは防御力・がまんの値がMAXでダウンしない・・・が、機動力は皆無に等しい。
これは考案者のロクドウがダイブできない(作中描写から察するに、合法ロボにもダイブできないと思われる)体となったため、「自律起動型が人間のダイブするロボの動きには敵わないのなら、その代わりに最強の攻撃力と防御力を持たせる」というコンセプトで開発されたことによる。
激闘!カスタムロボではデザイン変更で小型化され、プレイヤーが使用可能に!入手時には他のパーツ一式も一緒に入手できるが、小型化されているとはいえ十分大きく、他のパーツもその規格に合わせたサイズなので、レッグ以外を他のロボにカスタマイズするとそのパーツがやたらと大きいことがわかる。逆にそれ以外のパーツをジェイムスンにカスタマイズすると小ぢんまりとしたジェイムスンという少々シュールな画を見ることができる。
ジェイムスン本体の能力として「浮遊している」という能力を持ち、浮いているのでマグマ等でダメージを受けないというチート性能。ちなみに、「V2」では浮遊しているという能力はロクドウレッグのものであった(こちらはマグマのダメージを受ける)。
名前の由来はSF小説「ジェイムスン教授」の主人公の名に由来し、「非人間型の巨大ロボ」からイメージされているが、公式サイトによるとジェイムスン教授とは別の姿となったとのこと。

GX

名称ベース
ダークサムシャイニングファイター

外観から察するに同型のソルMkⅡを違法改造したもの。能力値がバランスよく高く、装備したパーツの攻撃力を上げるというパワースタイルの特性が付与されている。
激闘編にて、とある店で購入可能。

メシエエアリアルビューティー
外観から察するに同型のプルートを違法改造したもの。ダッシュ速度が強化されている。
激闘編にて、とある店で購入可能。
メシエとはメシエ天体と呼ばれる天体の発見者、シャルル・メシエに由来すると思われる(エアリアルビューティ型は天体や星に関係した名がつけられている)。
デビルレックスメタルグラップラー
アイアンレオにバイザーを取り付けた様な外見をしている。
装甲がさらに強化されており、プレイヤーが使用可能なロボの中で最高のがまん値を持つためダウンしにくい。
デビルレックスとは、英語の悪魔(デビル)と、ラテン語の王(レックス)を掛け合わせてたもの。
激闘編にて、とある店で購入可能。
ヘルファイアライトニングスカイヤー
同型のパトリオットとフェニックスを掛け合わせたような外観をしている。装備したパーツの攻撃力が大きく上昇するというパワースタイルの特性をさらに強化したような能力を持つ。
ライトニングスカイヤー型には兵器や風にちなんだ名がつけられており、ヘルファイアはミサイルの名であり、地獄の業火と読む。下記のビッグフット、デモンブレイズはパスワードでしか手に入れない。
エネルギー研究所に襲撃を仕掛けたロボはこれ。
クレイモアストライクバニッシャー
外見から察するに同型のクナイを違法改造したもの。ダッシュ距離が強化されている。
クレイモアとはスコットランド人が使用した大剣の名であり、地雷の名でもある。
クナイの肩はリボンの様な形をしているのに対し、クレイモアの肩は貝殻を思わせる形をしている。
ビッグフットメタルグラップラー
マスクを付けて目を赤く発光させたタイガーグレアを違法改造したもの。
装甲がさらに強化されており、プレイヤーが使用可能なロボの中で最高の防御力を持つ。
ビッグフットとはインディアンの伝承に登場する雪山に住む巨人の名で、このロボを入手できるパスワードもこれに関連したものとなっている。
デモンブレイズミスティミラージュ
外見から察するに同型のデッドフェイスを違法改造したもの。目が赤色に変色している。
相手から姿を隠す(携帯機であるゲームボーイアドバンスの性質を利用したもので、ダッシュ中は相手の画面から見えなくなる)ミラージュダッシュの速度が強化されている。

BR

名称ベース
ラカンセンストライクバニッシャー

忍者のような外観をしている。オープニングムービーにも登場。
地上での機動力が強化され、空中ダッシュが5回まで可能に。

ルヒエルライトニングスカイヤー
白を基調としたカラーリングをしている。
空中能力と防御力が強化されており、空中ダッシュからガンをばらまく戦術が分かりやすく強い。
ルヒエルとは天使の名前か。違法パーツの名前は翼のある生物に由来(架空含む)。
アルテミスエアリアルビューティ
本編では2種類のカラーリングのこのロボが登場するが、その理由は終盤にて明かされることになる。
空中能力が強化され、多段ジャンプが6回まで可能となっており、敵の攻撃が届かない上空に到達可能。
アルテミスとは小惑星の名(エアリアルビューティ型は天体や星に関係した名がつけられている)。違法パーツ名は月にちなんだ名前。
レイレジェンドシャイニングファイター
激闘編にて主人公と関係の深い人物が使用する。旧型のロボで、シリーズ中でもロボデザインが複雑化したBRにおいて唯一「無印」のレイのようなクラシカルな外観をしている。
防御力が非常に低い反面、攻撃力が非常に高く機動力も優れるというピーキーな性能を持つ異端とも言えるシャイニングファイター型。
説明文には違法パーツである旨の記載は存在しないが、現行のロボと世代が違うためか違法パーツの指定を受けている。
レイウォーリアシャイニングファイター
使用コマンダーは存在せず、激闘編にてある条件を満たすことで入手できる。
攻撃力、防御力、空中能力が強化され、特に弱点もなくバランスの良い能力値を持ち、レイレジェンドとは対照的な正統派シャイニングファイター型といった能力を持つ。
アール第一形態ライトニングスカイヤー
生物的な外観をしている(その理由は旅立ち編の終盤にて明かされる)ライトニングスカイヤー型の空中能力とシャイニングファイター型のバランスの良さを併せ持った機体。
初登場時から違法パーツフル装備(これも旅立ち編の終盤に明かされる)という手加減を知らない(負け続けると敵にHPを数10%減らした状態でのバトルという形での対応もなされる)ロボ。
アール第二形態ライトニングスカイヤー
アール第一形態に装甲を加えたような外観をしており、防御面、空中能力とともにガンとポッドも強化されている。
ストーリー中では2対1で戦うことになる都合上、3体の違法ロボよりも頭一つ抜けた性能を持つ。
アール第三形態ライトニングスカイヤー
ジェイムスンに比類する巨体と禍々しい外見を併せ持つ。ストーリー中では3対1で戦うことになる。
ライトニングスカイヤー型がベースのため空中ダッシュ中に攻撃可能、元は1回だった空中ダッシュが2回まで可能、防御力は最高レベル、我慢値が異常に高い上にダウンしても即座に復帰する・・・と異様なまでに凶悪な性能を持っているカスタムロボ史上最強のロボといっても過言ではない。
ちなみに、第二形態と第三形態は前述のジェイムスンとは逆にマグマに落ちると沈んで連続でダメージを受けるという妙な弱点がある。しかし、本編ではマグマの存在するホロセウムでアールと戦うことはないので本編にてこの弱点を突くことはできない。

激闘

名称ベース
スナイプリトルレイダー

一つだけある目が印象的な外観をしている。パッケージでも確認可能。
防御面が強化され、パワースタイル以上の攻撃力強化能力も付与されている。前作と比べてHPが8割程度に調整されている「激闘!」においてはパワースタイルの攻撃力強化は前作以上に脅威となる。
激闘編にて、とある店で購入可能。
「スナイプ」とは「タシギ」の意で、射撃の難しいこの鳥(リトルレイダー型の機体名は鳥の名が由来となっている)も狙撃できる程の射撃の名手ということでスナイパーの語源にもなった。

バイオレントボアメタルグラップラー
違法型ながら少々コミカルな外観をしており、ジオラマにも他の敵の無機質なものとは異なる意向が見られる。
空中能力が強化され、前述するスナイプをも凌駕する高い攻撃力を持つ。
激闘編にて、とある店で購入可能。
フリーダセクシースタンナー
他の同型のロボとは異なる機械的な外観が特徴。
スナイプと同じくパワースタイル以上の攻撃力強化能力が付与されているとともにダウン時間とダウン中のダメージが軽減されている。空中ダッシュは5回まで可能。
激闘編にて、とある店で購入可能。
ナガミツストライクバニッシャー
黒い甲冑をまとったのような外観をしている。
前述のスナイプ、フリーダと同じくパワースタイル以上の攻撃力強化能力が付与されているとともに空中性能が強化され、空中ダッシュが3回まで可能。
激闘編にて、とある店で購入可能。
ナガミツとは日本刀の名で、中には国宝に指定されるような刀もある。
ハドロンライトニングスカイヤー
シリーズ初の自我意識に目覚めた自律機動型ロボ。
黄金のカラーリングが特徴で、ライトニングスカイヤー型の空中能力とシャイニングファイター型のバランスの良さという前述したアールと似た性質を持つ。
パワースタイルの攻撃力強化に加えてダウン時間も短縮されており、唯一空中でアタックを使用できるという性質を持つ。
攻撃力、防御力、機動力と三拍子そろったロボだが、ジェイムスンやアール第三形態とは異なりダウンするためオーバーロードを狙うことができる。
ちなみに、ハドロンボム・ハドロンポッドはハドロンが装備時に発射すると特殊なアクションを見せるという演出の関係で発射時の隙が大きいという弱点がある(スカイヤーダッシュが使えるハドロンは空中ダッシュ中に発射することでこの弱点をカバーできる)。
ハドロンとは古代ギリシャ語で「強い」の意、及びそれに由来する強い相互作用で結びついた複合粒子群の名だが、ラスボスという性質上、前者に由来すると思われる。

ガン

初代

名称ベース
ゴウセツガン3ウェイガン
ミナモガンレイフォールガン
ホムラガンドラゴンガン
スバルガンホーネットガン
シノノメガンVレーザーガン

V2

名称ベース
コテングガンフェニックスガン
ボロンジガンニードルガン
ロウガガンナックルガン
ツインズガンスターレイヤーガン
ナナセガンスターダストガン
ロクドウガン
ナイトメアガン

GX

名称ベース
ブリザードレインワイドバルカン
ダークネスブローファングブロー
バイキングアックストラクションリング
リュウジンガンリフレクトレーザー
カミーラガンプラズマボール
ガイオウガンショットガン
ヤナイガンニンジャバレット
ニカイドウガンメテオフリッカー

BR

名称ベース
リップルレーザーガン
XレーザーガンVレーザーガン
メテオフリッカーガン
オロチガンドラゴンガン
ガルーダガンイーグルガン
ルナビートガンレフトアークガン
ディアナビートガンライトアークガン
ラグナロク1stガンフレアキャノンガン
ラグナロク2ndガンフレアキャノンガン
ラグナロク3rdガンフレアキャノンガン

メテオフリッカーガンは見た目こそスターダストガンの色違いだが、中身は全くの別物であるため、正確に言えばベースではない。
ラグナロク系のガンは「フレアキャノンガン」がベースだが、その「フレアキャノンガン」はその時点で入手不可かつゲームのパーツ説明も「不明」の一言のみ(もっとも、これは「GX」のダークキメラ等のプレイヤーが入手不可のパーツにも言えるのだが)。説明が説明になっていないってどういうことなの・・・
ちなみに、激闘編にて該当パーツを入手すると説明が開示されるようになる。アールの使用する他のパーツ一式も同様。

激闘

名称ベース
ラミュガンエンジェルリングガン
サバルガンスライドガン
イグニアガンスコーピオンガン
モルグガンメガバーストガン
ハドロンガンナックルガン
デュアルアークガンレフトアークガン
リアフロントガン

ボム

初代

名称ベース
ゴウセツボムトマホークボム
ミナモボムストレートボムS
ホムラボムクレセントボムP
スバルボムジェミニボムB
シノノメボムスタンダードボム

V2

名称ベース
コテングボムウェーブボム
ボロンジボムダブルマインボム
ロウガボムディレイボム
ツインズボムライトシュートボムH
ナナセボムフリーズボム
ロクドウボム
ジェノサイドボムジャイアントボム

GX

名称ベース
ウォールボムウォールボムP
ジオトラップボムジオトラップボム
リュウジンボムツインスネークボムU
カミーラボムスタンダードボムS
ガイオウボムピラーボムR
ヤナイボムバウンドボムU
ニカイドウボムアイドリングボム

BR

名称ベース
ゴウカボムデルタボム
ワイバーンボムスタンダードボムX
ルナヒートボムライトウェーブボム
ディアナヒートボムレフトウェーブボム
グランドクロスボム

激闘

名称ベース
ラミュボムワインダーボム
サバルボムボルカニックボム
イグニアボムライトシュートボムH
モルグボムチャージボム
ハドロンボムダイレクトボム

ポッド

初代

ゴウセツポッドダイビングポッド
ミナモポッドフロートポッドF
ホムラポッドヤジューポッドF
スバルポッドジャンピングポッドG
シノノメポッドフェイントポッドF

V2

名称ベース
コテングポッドダイビングポッド
ボロンジポッドリフレクションポッド
ロウガポッドサイドウェイポッド
ツインズポッドジャンピングポッドB
ナナセポッドコックローチポッド
ロクドウポッド
ケルベロスポッドダブルウェーブポッド

GX

名称ベース
リュウジンポッドリフレクトポッドP
カミーラポッドスローイングポッド
ガイオウポッドサイドウェイポッドR
ヤナイポッドヤジュウポッド
ニカイドウポッドスピードポッド

BR

名称ベース
ハヤテポッドスピードポッドP
グリフォンポッドスパイダーポッドG
ムーンライトポッドドルフィンポッドG
カタストロフィ1stポッドシーカーポッドG
カタストロフィ2ndポッドシーカーポッドG
カタストロフィ3rdポッドシーカーポッドG

激闘

名称ベース
ラミュポッドダイビングポッド
サバルポッドチャージポッド
イグニアポッドサテライトポッド
モルグポッドデバイドポッド
ハドロンポッドウェーブポッド

レッグ

レッグには改造元のパーツは存在せず、複数の能力を併せ持つといったものになっている。

初代

ゴウセツレッグ
ミナモレッグ
ホムラレッグ
スバルレッグ
シノノメレッグ

V2

コテングレッグ
ボロンジレッグ
ロウガレッグ
このレッグには氷の上でも滑らなくなるという特殊な効果がある。
ツインズレッグ
ナナセレッグ
ロクドウレッグ
ファントムレッグ

GX

「では今までと同じようにGXも」と書きたいところだが、GXにはそもそもレッグが存在しない。よって違法パーツも存在しない。

BR

ヒエンレッグ
レイブンレッグ
イクリプスレッグ
アルティメットレッグ

激闘

ラミュレッグ
サバルレッグ
イグニアレッグ
モルグレッグ
ハドロンレッグ

軍事用・試作型パーツ

軍事用に開発・あるいは既存のパーツを軍事用に改造したもの。違法パーツと同じく、通常のパーツとはレギュレーションを異にしている。
違法パーツとは異なり、最終決戦でプレイヤーが使用できる場合がある。
試作型は「激闘!」にのみ登場し、違法パーツ・軍事用パーツ同様に既存のパーツを改造したもの。

GX

名称ベース
ダークキメラ軍用型

ニカイドウ・グループが秘密裏に開発していた軍事用ロボ。銀色に輝いている。ビッグフットやクレイモア、デモンブレイズのパーツが使用されている。プレイヤーは使用不可。
ジェイムスンを思わせる超大型の機体で、圧倒的な防御力を誇る。パラメータの数値も軒並み最高値だが、機動力は低くダッシュも使用してこない。
1戦目は必ず負けるイベントが発生し、2戦目ではA・I・R・S(後述)を操作して戦うことになる。
対戦時にはまだ未完成だったらしく、足がホバーになっている。

A・I・R・S(エアーズ)ライトニングスカイヤー
軍事用に改造されたライトニングスカイヤー型。外観は黄金のカラーリングが施されたレイスカイヤー。
最終決戦時にマモルから渡され、通常のパーツでは太刀打ちできないダークキメラと戦うことになる。がまん値こそ低いものの防御力は高く、全体的に能力が強化されている。
「旅立ち編」での使用後にはマモルに返すことになるが、「激闘編」にてパスワードを入力することで参加できるようになるストーリーモード中の大会で優勝すると再度入手できる。
「激闘!」ではレイスカイヤーより防御面で劣るものの、空中ダッシュの回数が2回に増加し、前述したバイオレントボアと同等の最高クラスの攻撃力を持つ。
軍事用ロボだけあってポリス隊の関係者が所持しており、「激闘!」においてもレイスカイヤー入手後にポリス隊の関係者とのバトルに勝利することで入手できる。
ライジングキメラ軍用型
イベントでの通信によって配布されていたロボ。プレイヤーは使用不可。
開発者も目的も不明だがダークキメラの改造版とのことで、ダークキメラとは対照的な黄金のカラーリングが施されている。
改造前と違って、ヘルファイアの脚部パーツが追加されており、アンバランスな外見になった。尚、ポージングが異なっている。
ダークキメラと同じく機動力は低いものの、こちらは未完成ではないらしくダッシュを使用してくる。
現在は「BR」との通信によってデータを入手可能。また、その際に未入手の状態なら「ダークスター」・「プレーンステージ」・「ギガンティックステージ」・「サドンデスステージ」の4つのホロセウムと「GX」唯一のファッティバイス型ロボである「ドデカンターボ」を同時に入手できる。

激闘

カラットリトルスプリンター

リトルスプリンター型の試作機。前作をプレイした人にはおなじみの人物が使用する。
近い性質を持つロボである前述のスナイプ以上に防御面が強化されており、その他のパーツも強化が施されている。
名の由来は言わずと知れた宝石の質量の単位(リトルスプリンター型には物の単位の名がつけられている)。

備考

最も違法パーツのベースになった回数の多いパーツはレフトアークガン(ヤナイガン、ルナビートガン、デュアルアークガン)とダイビングポッド(ゴウセツポッド、コテングポッド、ラミュポッド)で3回(レフトアークガンには「GX」のニンジャバレットも数えた)。
他に複数回違法パーツのベースになったパーツはドラゴンガン(ホムラガン、オロチガン)、Vレーザーガン(シノノメガン、Xレーザーガン)、ナックルガン(ロウガガン、ハドロンガン)、ライトアークガン(ヤナイガン、ディアナビートガン)、ライトシュートボムH(ツインズボム、イグニアボム)。
軍用・試作型のパーツも含めるとフェニックスガン(コテングガン、カラットガン)、ウェーブボム(コテングボム、カラットボム)、ダイレクトボム(ハドロンボム、ARS-B02ボム)、リフレクションポッド(ボロンジポッド、ARS-P07ポッド)も該当する。

特にフェニックスガン・ウェーブボムは共に使用されるロボもリトルレイダー型・リトルスプリンター型と似通っており、ダイレクトボムは共にスカイヤーダッシュが可能なロボ、ダイビングポッドは使用されるロボの3つ中2つがリトルレイダー型と使用されるロボにも共通点もある。

最も多く改造ベースとなったロボはシャイニングファイター型(レイⅡダーク、ダークサム、レイレジェンド、レイウォーリア)とストライクバニッシャー型(ベイオネット、クレイモア、ラカンセン、ナガミツ)の4回で、その次に多いのはメタルグラップラー型(デビルレックス、ビッグフット、バイオレントボア)とライトニングスカイヤー型(ヘルファイア、A・I・R・S、ルヒエル)の3回。エアリアルビューティー型(メシエ、アルテミス)とセクシースタンナー型(メイジェル、フリーダ)は2回。
ストライクバニッシャー型は違法ロボが登場した「V2」以降の全作品で違法改造のベースとなっており、シャイニングファイター型も「V2」以降の全作品で違法型が登場、ライトニングスカイヤー型も登場した「GX」以降の全作品で改造のベースとなった。
一つの作品内で複数回改造のベースになったのはシャイニングファイター型(「BR」のレイレジェンド・レイウォーリア)、メタルグラップラー型(「GX」のデビルレックス・ビッグフット)、ライトニングスカイヤー型(「GX」のヘルファイアとA・I・R・S)。
一度も違法改造のベースとなっていないロボはトリックフライヤー型、ワイルドソルジャー型、ファニーオールドマン型、ファッティバイス型、バーニングビースト型。
また、アール系列のパーツとハドロンは統計に含めないものとした(防御面や地上での移動性能が低いというライトニングスカイヤー型の弱点が当てはまらないため。A・I・R・Sやルヒエルは防御力が補強されていてもこの弱点が当てはまるが、アールやハドロンには最初からこの弱点が当てはまらない)。

軍事用のパーツ・試作型のパーツもロボバトルで使用する場合は違法パーツと同様の扱いを受ける。

関連タグ

カスタムロボ カスタムロボシリーズのパーツ 違法改造

ロボステーション質問相談室 記事内容の一部の出典先。

pixivに投稿された作品 pixivで「違法パーツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3136

コメント