ピクシブ百科事典

ポケモン動画一斉削除事件

ぽけもんどうがいっせいさくじょじけん

某月某日。それまでは放置されがちだったポケモン動画が大量、一斉削除された。 この文章だけ見ると「ああ、ニコニコ有名になったから権利者の目にとまったんでしょ」と思いがちである。しかし、実はとんでもない真相が隠されているのかもしれない。
目次[非表示]

削除の実態

以下の項目には不確定な要素が含まれている場合があります 。

削除された動画には主題歌フルでまるまる上げ、アニメ本編等、削除されて当然のような動画も存在した。
しかしMADやバトレボの対戦動画まで消された人もいたのだ。それまでポケモン系動画は放置されていただけに、一斉に消えたことがユーザーの意識に強く残っているだろう。
中でも有名なのが「ピカピカユカイ」である。完成度の高い手描きMADで、総合ランキングでも上位に食い込むなどの作品だった。しかし、この動画も削除されたのである。(現在は「ピカピカユカイ+」として復活)
削除された事だけ振り返ると「権利者が申し立てたからだろ?」となりがちだが、実はユーザーの過剰な通報によるものだった。

「通報」

以下の項目には不確定な要素が含まれている場合があります 。

当時、ポケモン動画というポケモン動画を全てに「著作権法違反、通報した」とコメントしたユーザーがいた(おそらく一人)。
そして、そのコメントが書き込まれた数日後。ご覧の通りにポケモン動画は一斉削除されたのだ。
この中には「ピカピカユカイ」を含む、早急に削除する必要のない動画も含まれていたのだ。
(酷い所ではバトレボの対戦動画まで及んだ)
※これは通報を受けた運営が「著作権侵害」として削除したものと思われる。
当時ポケモン系動画(主題歌まるごとうp動画含む)が放置されていたことを考えると、運営は通報を受諾し、消したと考えるのが妥当か?
この通報ユーザーがどういう気持ちで行ったのか、今となってはわからない。
動画コメントに「犯罪者は牢屋へ入れ」などの行き過ぎたコメントをしていたうえ、一斉削除後にうpされた動画には通報コメントが見当たらなかったため、このユーザー自体もアカウント停止を受けたと思われる。
ただ一ついえるのは、消す必要のない動画まで消えたのは権利者の仕業ではなかったということだ。

結果

このような削除事件が起こったのは上記で説明したとおりである。
が、この実態はユーザーにはほとんど知られておらず、残ったのは
ポケモン関連動画はMADでもすぐ消されるというユーザーの認識だけだったのだ。

関連タグ

ニコニコ動画 ポケモン/ポケットモンスター

外部リンク

ポケモン動画一斉削除事件とは (ポケモンドウガイッセイサクジョジケンとは) ニコニコ大百科

コメント