ピクシブ百科事典

マティルダ(ストライクウィッチーズ)

まてぃるだ

マティルダとは、ストライクウィッチーズシリーズ「アフリカの魔女」のキャラクターである
目次[非表示]

プロフィール

名前マティルダ(自称)
身長176cm
原隊第31統合戦闘飛行隊「アフリカ」
使用機材III号地上突撃装甲歩兵脚
使用武器
  • 3.7cmK wK36
  • 槍                                            
  • スリング


イメージモデル

名前:マシュー(マティアス)・P・レツク
所属:南アフリカ連邦陸軍(捕虜)
ハンス・ヨアヒム・マルセイユの従卒。
もともとは英連邦軍南アフリカ部隊に属する黒人兵であった。
1941年4月~11月のトブルク包囲戦で捕虜になり、当初は独第27戦闘航空団(JG27)第3中隊の運転手として勤務。のちマルセイユと親交を結び彼の従卒となる。
マルセイユとマティアスとの関係について、アドルフ・ガーランドはこう語っている。
「彼らは誰が見たって素晴らしい友人たちだった。当時、我々の暮らした所の規則や人種の規約(特にヨーロッパ)では、そのような友情は交戦地帯を除き不可能なことだった」

人物像

第31統合戦闘飛行隊「アフリカ」(ストームウィッチーズ)の非公式隊員。ハンナ・ユスティーナ・マルセイユの従卒で、彼女の個人所有のバーと住居を兼ねたテントの管理と身辺警護を務めている。

南アフリカのトランスヴァール出身。名前は自称で、本名、年齢、誕生日も不詳。
本人がマルセイユに話したところによれば、鷲を神の下僕と崇める部族の出で、「鷲の化身が北の空を飛んでいる。彼女に仕えよ」との神託を受けてアフリカ大陸を北上。トブルクにやってきたところ、飛行中のマルセイユを見つけ、従僕になることを申し入れたという。

アフリカの魔法体系はユーラシア大陸のそれと異なっているらしく、ストライカーユニットを着用しても耳も尻尾も出ないが、槍の一投で他足歩行タイプの中型ネウロイを貫き、スリングで飛行ネウロイを撃ち落とす。スリングの威力はミハイル・シュミット曰く「88ミリ砲並み」らしい。

落ち着いた物腰で口数も少ないが、ジョーク好きで陽気な性格でもある。なお、空を飛ぶことを頑として拒否しており、本人曰く高所恐怖症だそうである。

関連タグ

ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ストームウィッチーズ
ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ

pixivに投稿された作品 pixivで「マティルダ(ストライクウィッチーズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22799

コメント