ピクシブ百科事典

ストライクウィッチーズの登場人物

すとらいくうぃっちーずのとうじょうじんぶつ

『ストライクウィッチーズ』の登場人物一覧
目次[非表示]

ストライクウィッチーズ』の登場人物はこちらで紹介する。

当作品の登場人物は、そのほとんどが第二次世界大戦中の撃墜王と、その愛機をモデルとしている。

凡例

※1.◎は司令(隊長)、◯は戦闘隊長(副隊長)、□は陸戦ウィッチ。
※2.声優の付いているキャラクターは太字。(2018年1月現在)

第501統合戦闘航空団(501JFW)「ストライクウィッチーズ

蒼空を駆ける魔女、ストライクウィッチーズ


ブリタニア本土防衛及びガリア奪回を目的とする部隊。最初に編成された統合戦闘航空団(JFW)。

宮藤芳佳
坂本美緒ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ
リネット・ビショップペリーヌ・クロステルマン
ゲルトルート・バルクホルンエーリカ・ハルトマン
シャーロット・E・イェーガーフランチェスカ・ルッキーニ
エイラ・イルマタル・ユーティライネンサーニャ・V・リトヴャク
以下設立時のメンバー
ペトラ・ダンフォード諏訪真寿々ラウラ・トート
ハインリーケ・ランガー

第502統合戦闘航空団(502JFW)「ブレイブウィッチーズ

フラグブレイクウィッチーズ


オラーシャ西部からのカールスラント東部奪回を目的とする部隊。

※※雁淵ひかり
グンドュラ・ラルアレクサンドラ・I・ポクルイーシキン
ヴァルトルート・クルピンスキーエディータ・ロスマン
ニッカ・エドワーディン・カタヤイネンジョーゼット・ルマール
管野直枝下原定子

※二期終了後、エイラ、サーニャの二人はこの部隊に合流している。
※※アニメ『ブレイブウィッチーズ』より参加。

第503統合戦闘航空団(503JFW)「タイフーンウィッチーズ

オラーシャ中央部からのカールスラント東部奪回を目的とする部隊。

ブロニスラヴァ・F・サフォーノフフーベルタ・フォン・ボニン(副司令)
ヴァルトラウト・ノヴォトニーアレクサンドラ・シェルバネスク
オティーリエ・キッテルガリーナ・D・コストイリョーフ
ロザリー・ド・ラ・ポワプ川口文代

第504統合戦闘航空団(504JFW)「アルダーウィッチーズ

504の日記念


ロマーニャ及びヴェネチア防空を主任務とする部隊。

フェデリカ・N・ドッリオ竹井醇子
フェルナンディア・マルヴェッツィルチアナ・マッツェイ
マルチナ・クレスピ
アンジェラ・サラス・ララサーバルパトリシア・シェイド
ドミニカ・S・ジェンタイルジェーン・T・ゴッドフリー
諏訪天姫中島錦
諏訪五色中島疾風

※五色と疾風は漫画『天空の乙女たち』の作中でここに配属が決まる。

第505統合戦闘航空団(505JFW)「ミラージュウィッチーズ

オストマルク奪回を目的とする部隊。「最も長い撤退戦」と呼ばれる、バルカン半島からカスピ海への脱出戦を戦い抜いた部隊を母体とする。

グレーテ・M・ゴロプアーリャ・V・アレリューヒン
コンスタンティア・カンタクジノストヤナ・ストヤノワ
ヴァシリーサ・M・ヴァシリアデス犬房由乃(元:□)
エマ・ルーニング(非正規メンバー?)黒江綾香(一時所属)

※ゴロプの副官。正規の505JFW隊員かは『WW2018』時点では不明
※※この他にもまだ詳細不明の隊員が2~3人ほどいることが漫画『魔女たちの航跡雲』で判明しており、部隊のメンバーは10人であることが確定した(もっとも一時加入の黒江を含めた人数であるかどうかは不明)。

第506統合戦闘航空団(506JFW)「ノーブルウィッチーズ

ガリア防空を主任務とする部隊。設立を巡る政治的経緯からA部隊とB部隊が存在する。

A部隊

演奏会


黒田那佳
ロザリー・ド・エムリコート・ド・グリュンネハインリーケ・プリンツェシン・ツー・ザイン・ウィトゲンシュタイン
アドリアーナ・ヴィスコンティイザベル・デュ・モンソオ・ド・バーガンデール
カルラ・G・E・フォン・ローゼン(非正規メンバー)

B部隊

(un)Lucky Girls


ジーナ・プレディマリアン・E・カール
カーラ・J・ルクシックジェニファー・J・デ・ブランク

第507統合戦闘航空団(507JFW)「サイレントウィッチーズ

後述のスオムス義勇独立飛行中隊が改編された部隊。スオムス、バルトランドなど北欧方面の防衛と502JFW、503JFWの後衛が主任務。

ハンナ・ヘルッタ・ウィンド迫水ハルカ※※三隅美也
ヴェスナ・ミコヴィッチリー・アンドレア・アーチャークラマース・ブレンガーム

※この他にも詳細不明の隊員が1~2人いる。
※※小説『ブレイブウィッチーズPrequel』3巻巻末資料にて、1945年の着任が予告されている。

第508統合戦闘航空団(508JFW)「マイティウィッチーズ

太平洋全域の防衛が主任務だが、海上からの欧州上陸も目的とする。航空母艦を拠点とする唯一の航空機動部隊。

ジェーン・S・サッチ新藤美枝
セシリア・E・ハリス雁淵孝美
デリア・M・ジェラムジェイミー・E・スウェット
ドロシー・ベイカー松田昌子
小村定恵

※508JFW設立前の一時期、502JFWに所属。

スオムス義勇独立飛行中隊(通称「スオムスいらん子中隊」)

“いらん子”なんて呼ばせない


1939年に編成された実験的部隊。スオムス防衛を目的とする。

◎※※(2)穴拭智子迫水ハルカ
◎※※(1)エルマ・レイヴォネンエリザベス・F・ビューリング
キャサリン・オヘアウルスラ・ハルトマン
ジュゼッピーナ・チュインニ

※小説『スオムスいらん子中隊』時点のメンバー。
※※シリーズ途中で隊長が交代している。

統合戦闘飛行隊「アフリカ」(通称「ストームウィッチーズ」)

ストームウィッチーズ


1942年に編成された部隊。スエズ運河を含むエジプトの奪回及びチュニジア以東の防衛が目的。のち第31統合戦闘飛行隊(31JFS)の名称を与えられる。

加東圭子ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ
ライーサ・ペットゲン稲垣真美
北野古子(非正規メンバー)マティルダ(非正規メンバー)

※一期~二期の間の一時期、シャーリー、ルッキーニの二人はこの部隊に所属していた。

ワイト島分遣隊

ワイト島分遣隊


1944年の数カ月間のみ存在した部隊。ブリタニア本島南海岸防空を主任務とする。

ウィルマ・ビショップ角丸美佐
アメリー・プランシャールフランシー・ジェラード
※ラウラ・トート

※501JFW設立時のメンバーでもある。

その他の部隊

設定上は他に第11統合戦闘飛行隊(11JFS)、第42統合戦闘飛行隊(42JFS)が存在する。前者はブリタニア本土防空が主任務だが、ガリア解放から506JFW編成までガリア本土防空も担当していた。後者は陸軍と海軍で機材の規格や戦術が異なっていた扶桑ウィッチの標準化のために編成された。

その他ウィッチ・関係者

順不同。
※1.女性は□は陸戦ウィッチ、◇は元軍人及び軍属のウィッチ(初登場時)、◆は軍属でない(民間人)ウィッチ、●は非ウィッチ。
※2.男性の場合は△軍人及び軍属、▲は民間人。

扶桑皇国

江藤敏子樫田勇美加藤武子北郷章香国崎橙子
西沢義子服部静夏福原捷美横川和美若本徹子
秋本芳子
杉田淳三郎樽宮敬喜土方圭助宮藤一郎宮藤清佳
山川藤宏山川美千子
△佐久間△糸河衛△氷野保△金子△井川
雁淵浩平雁淵竹子小沢治三郎有田隆康橋爪壽雄
大林熊二寺尾大洋長崎義男結城修二富田鎮
大沢義三郎
※宮藤清佳(旧姓秋本、芳佳の母)はウィッチだが軍隊と関わりがあるかは不明。

帝政カールスラント
アーデルハイトアドルフィーネ・ガランドヴェンデリーン・シュレーア
エディタ・ノイマンエルフリーデ・シュライバーシャーロット・リューダー
ハイデマリー・W・シュナウファーハンナ・フィリーネハンナ・ルーデル
フレデリカ・ポルシェヘルマ・レンナルツヘルミーナ・レント
ヨハンナ・ウィーゼ
アルベルト・ケッセルリンクエアハルト・フォン・マンシュタインエルンスト・ロンメル
クルト・フラッハフェルトバッハミハイル・シュミット
クリスティアーネ・バルクホルン◆エルネスタ・ニールマン◇フレデリカ・ベッカー
△ヘルムート・ゲーリング

スオムス
アウロラ・E・ユーティライネンエイニ・アンティア・ルーッカネンハッキネン
ミカ・アホネンラウラ・ニッシネンクラウス・マンネルハイム

ブリタニア連邦
セシリア・グリーンダ・マイルズノーラ・テイラーハリエット・スティーア
トレヴァー・マロニーバーナード・モントゴメリー△シンプソン
△サイフリート△バロー

ロマーニャ公国
エンリーカ・タラントラアレッシア・コルチマリア・ピア・ディ・ロマーニャ(第一公女)

リベリオン合衆国
パットンガールズ(パトリシア、マリリン、アビゲイル)ジョージ・S・パットンアイゼンハワー
△ブラッドレー△ターナー●デビー・シーモア

オストマルク
ヴィクトリア・ウルバノウィッチュエウゲーニャ・ホルバチェフスキ

ヴェネツィア公国
アンナ・フェラーラ

アンドラ
イリス・モンフォートマリア

関連項目

ストライクウィッチーズ

コメント