ピクシブ百科事典

ブロニスラヴァ・F・サフォーノフ

ぶろにすらゔぁふぇおくちすとゔなさふぉーのふ

ブロニスラヴァ・F・サフォーノフとは、『ストライクウィッチーズ』のキャラクターである
目次[非表示]

プロフィール

名前ブロニスラヴァ・フェオクチストヴナ・サフォーノフ
身長不明
年齢不明
誕生日8月28日
原隊
  • オラーシャ海軍北洋艦隊航空隊第72混成飛行隊隊長
  • オラーシャ海軍第78戦闘航空連隊司令
所属第503統合戦闘航空団「タイフーンウィッチーズ」
階級
  • 少佐
  • 中佐
使い魔ホッキョクウサギ
固有魔法不明
使用機材
  • ミール・ガスゥダールストヴァ設計局 MiG60初期型(白の11号機)
  • ミール・ガスゥダールストヴァ設計局 MiG i-225(白の77号機)
使用武器不明


イメージモデル

名前:ボリス・フェオクチストヴィッチ・サフォーノフ(1915-1942)
通称:「ムルマンスクの星」
撃墜数:25
その他:独ソ戦で活躍し、ソ連邦英雄を二度受賞。後にソ連邦英雄となるワレンチナ・グリゾデュボワに操縦を教わった。

人物像

いつも優しげな眼差しと微笑を絶やす事がなく、控えめかつ寡黙。部下思いの隊長として知られており、必要以上の話はしないが、その分口にする言葉は熟考と吟味を重ねたもので、深い含蓄と重みがある事が多い。
早くからウィッチの素質を発現したため、オラーシャでも著名なウィッチであるグリゾデュポワに飛行を教わり、航空学校に入校。すぐに優秀さを発揮し、教官の助手を務めたばかりか、卒業後もしばらく飛行教官として通っていた。
ネウロイ襲来時は北方艦隊の航空部隊に所属、第72混成飛行隊の隊長として海軍基地の防衛戦を行なっている。
着実に戦果を重ね少佐に昇進。
たまたま新機材受領のため後方に移動した際、再結成された第78戦闘航空連隊の司令に任命された。
ヴォルガ川の要衝であるツァリーツィンの防衛任務に投入され、半年に亘る激戦を重ね、この戦いの中で中佐に昇進。
カールスラント等各国軍と共に戦い、特にJG54司令だったフーベルタ・フォン・ボニン中佐とは深い親交を結んでいる。

503JFW設立に伴い、ボニンの推薦もあって司令に就任。
かねてから陸軍航空部隊のアレクサンドラ・I・ポクルイーシキン大尉に目をかけており、503編成に際して招聘を決めていたが、502JFW司令に決まったグンドュラ・ラル少佐に引き抜かれてしまう(人事担当者に酒を賄賂代わりに渡したという説あり)。これには温厚で鳴るサフォーノフも激怒し、『ブレイブウィッチーズPrequel』2巻CDドラマでのラル、ボニン、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケの3JFW司令が集う会合のエピソードでは、「くたばれ」とのみ記されたラル宛の書簡を送っている。

関連タグ

ストライクウィッチーズ タイフーンウィッチーズ 503JFW

pixivに投稿された作品 pixivで「ブロニスラヴァ・F・サフォーノフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8937

コメント