ピクシブ百科事典

ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ

みーなでぃーとりんでゔぃるけ

ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケとは、『ストライクウィッチーズ』シリーズの登場キャラクター。
目次[非表示]

「私たちはチーム、いえ家族でしょ? (中略) 妹のためにも、新しい仲間のためにも、死に急いじゃダメ!」

プロフィール

名前ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ
身長165cm
年齢
  • 18歳(1期)
  • 19歳(2期)
誕生日1926年3月11日
通称ピーク・アス(スペードのエース)
愛称フュルスティン(女公爵)
原隊カールスラント空軍 第3戦闘航空団(司令)
所属第501統合戦闘航空団「ストライクウィッチーズ」
階級中佐
使い魔灰色狼〔クラヴァッテ〕
固有魔法〔三次元空間把握能力〕(感知系魔法の一種。一定範囲内の敵味方の位置を三次元で把握できる)
使用機材
  • メッサーシャルフ Bf109G-2(1期)
  • Bf109K-4(2期)
  • メッサーシュミット Me163「コメート」(3期9話)
使用武器MG42
パーソナルマーク
【素材】ストライクウィッチーズ ミーナマーク
CV田中理恵


イメージモデル

名前:ヴォルフ=ディートリッヒ・ヴィルケ
所属:ドイツ空軍
撃墜数:162
通称:「フュルスト(公爵)」

人物像

  • 第501統合戦闘航空団の隊長にして、150機以上の撃墜数(2期8話で200機撃墜)を誇るカールスラントのスーパーエース。
  • カールスラント東部のポズナニア出身で、元々は歌手を目指し音楽学校への留学を考えていたが、ネウロイの侵攻でそれを断念。恋人のクルト・フラッハフェルトと共に戦いに身を投じた。しかし、パ・ド・カレー撤退戦においてクルトが戦死するという悲劇に見舞われてしまい、愛する人を失う事に恐怖を抱く。
  • この一面はゲルトルート・バルクホルン坂本美緒が負傷したときに取り乱したという点によく現れている。欧州撤退後は、ブリタニアのヒューゴ・ダウディング空軍大将と共に各国のエースを集めた第501統合戦闘航空団を設立した。
  • 今でも歌が非常に上手く、ラジオ放送で「リリー・マルレーン」を披露したこともある。また本人も歌手になると言う夢はまだ諦めていない。
  • 性格は気品に溢れ物腰優雅で柔軟、個性的なメンバーを上手くまとめるが、時には厳しい一面を見せる(おかげで隊員全員から「怒らせたら一番怖い人」と認識されている)。
  • 隊長という立場から、後方指揮やデスクワーク、横槍を入れる上層部との掛け合いが主な仕事となっており、対外折衝能力は全ウィッチの中でもっとも優れている。
  • バルクホルンとエーリカ・ハルトマンとは501設立前からの戦友で、プライベートでは愛称で呼ぶなど仲が良い。
  • 戦闘隊長の坂本少佐とも非常に親しく、階級を意識せずに私事も相談できる数少ない相手として大切に思っている。そのやりとりは、もはや夫婦である。2期9話ではなんと、酔っ払った坂本少佐にキスされて昏倒。その日の夜、砂浜で体育座りして黄昏れていた。
  • クルトの戦死後は整備兵であった彼のことを思い出すからか、整備兵にウィッチとの接触禁止を厳命するなど、整備兵を殊更に冷遇する一面があったが、宮藤芳佳の加入後は軍規に囚われない彼女を見て考えを変えたのか、それとも坂本に諌められたからか、(そもそも整備兵の接触禁止は半分は私的な理由で作った規則だった)ロマーニャ移転後はその事には言及されていない。
  • ルッキーニが拾った虫型ネウロイの騒動の際にそのネウロイを撃破。撃墜数が200機目だったため勲章の授与を受けるが、撃墜の仕方が仕方だけに本人をしょんぼりさせるものだった。
  • カールスラント奪還作戦「オペレーション・サウスウィンド」の延期が長期化する中、憤りを見せるバルクホルンを宥めているものの、自身もバルクホルンと同じく「あがり」を迎える年齢に危機感を抱いており、自らの手でカールスラントを奪還したいと思っている。
  • しかし、キール港奪還後、年齢による魔力の減退が始まってしまい、バルクホルン以上に焦りを見せるようになる。
  • 味音痴で、第1期ではバルクホルン達が「生臭い」「エンジンオイルのようだ」と評した肝油を、「もう一杯」と言って軽々と飲み干し、スマホ版ゲームのウィッチーズでも肝油で料理を作ろうとする描写がある。第2期ではメンバー全員が渋い顔をしたジンジャーティーをと笑顔でおかわりしている。そしてドラマCDでは世界一不味いお菓子と言われているサルミアッキを「おいしい」と言って食べた程。
    • ストライクウィッチーズ501部隊発進しますっ!』ではこの点が誇張され、料理に希塩酸(劇物)やアンモニア(劇物)を用いる超人的な料理センスを披露し頻繁に重傷者を出しているが、本編の中佐はさすがにこんなにぶっ飛んだ料理はしない(はず)。


デザイン

ちなみに、着ている制服のデザインだが、第1期と第2期以降では形が異なっている。この点に関してはシャーロット・E・イェーガーも同様のことが言える。
第1期ではこのようなデザインだったが、

センシティブな作品センシティブな作品



第2期以降では以下のようなコート式の軍服に変わっている。

がうー
センシティブな作品



余談

ウィッチは純潔でないとシールドを張れないため、ミーナと彼氏は清い付き合いであったということを監督自ら公言している。
「キスもだめ、ほっぺもダメ、おでこにチューがギリギリ」とのこと。
さすがである。

関連イラスト

センシティブな作品
アップル・ジュうううううう~ス!


朝ミーナ
センシティブな作品


センシティブな作品
ヤンマーニ



関連タグ

ストライクウィッチーズ 501JFW
キュッ!! ミーナさんじゅうはっさい
もっミーナ 東西の狼 ミー芳 カールスラントリオ
リリー・マルレーン クルト・フラッハフェルト

ライオコンボイビーストガルバトロン:ミーナ同様オイル癖が悪い超ロボット生命体

関連記事

親記事

501JFW ごーまるいちじぇいえふだぶりゅー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7836482

コメント