ピクシブ百科事典

ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン

にっかえどわーでぃんかたやいねん

ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン とは、『ストライクウィッチーズ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

プロフィール

名前ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン
身長160cm
年齢15歳(1944年)
誕生日5月31日
通称「『ツイてない』カタヤイネン」
愛称「ニパ」
原隊スオムス空軍 第24戦闘機隊 第3中隊
所属第502統合戦闘航空団「ブレイブウィッチーズ」
階級曹長
使い魔雪イタチ(フェレット
固有魔法『超回復能力』(治癒魔法)
使用機材
  • メッサーシャルフ Bf109G-2 
  • メッサーシャルフ Bf109G-6(MT-476号機)
  • メッサーシャルフ Bf109K-4(機番不明)
使用武器MG42
CV高森奈津美(2012年公開の劇場版・2016年のTV版ブレイブウィッチーズ)


インターネットラジオ『501st JFW.OA〜第五○一統合戦闘航空団公式放送』『連盟空軍広報局公式放送 LNAF.OA.ラジオワールドウィッチーズ』ではエイラ役の大橋歩夕とニパ役の高森奈津美が何度かパーソナリティーとして登場している。
ニパイラ参照。

イメージモデル

名前:ニルス・エドヴァルド・カタヤイネン(1919~1997)
通称:「ついてないカタヤイネン」
愛称:「ニパ」
撃墜数:35.5

被弾や事故など、無数の不運に見舞われるもその都度生還しつづけた、ある意味不運であり、ある意味幸運であったエースパイロット。
貴重な戦闘機を余りにも壊しすぎたため、戦闘機のパイロットでありながら爆撃機の飛行隊に転属となったこともあった。これに不満を持った彼は再三戦闘機隊への復帰を要請するもなかなか聞き入れられず、また態度が悪いとの理由でしばらく飛行任務から外され、エースパイロットの身でハンガーの掃除係をやらされたこともあった。
なお転属命令が下った際、所属していた戦闘機隊の戦隊長が彼の空戦の才を惜しみ、転属命令の撤回を願い出たものの却下されている。
その後必死の請願が奏効し戦闘機隊に復帰。相変わらずの不運に見舞われるも新たに配備された機体によって10日間で16.5機撃墜という驚異的な戦果を挙げる。
ただその新型機も最初のテスト飛行でエンジントラブル、二度目のテスト飛行で大事故を起こし入院(機体はバラバラに吹き飛んだらしい)という不運を乗り越えて使用していたものだった。
1944年7月5日、機体が右翼に被弾し、その破片でエンジンが損傷したため彼は基地への帰還を試みた。しかしエンジンから漏れて気化した燃料がコクピットに流入。それを吸い込んで意識を失ったまま時速500kmで滑走路に突っ込むという大惨事に見舞われる。生存など到底考えられない大事故であったにも関わらず、彼は重傷を負いつつも奇跡的に生還。入院中に停戦を迎え、彼は大戦を生き延びた。
この時額に深い傷を負い、それは生涯消えなかったという。
戦後は故郷ヘルシンキの市役所に勤務。定年まで勤め上げた後、1997年1月に77才で逝去。余りにも波乱に満ちていたその生涯は、安らかに天寿を全うすることでその幕を下ろした。
あれだけの災難にあいながらも必ず生還する事から、仲間内では「とてもついてるカタヤイネン」と呼ばれていたという。
 

人物像

スオムスの首都ヘルシンキ出身で、ウィッチとしての力が発現すると同時に養成学校へ入学、下士官候補生として訓練を受けた。
この頃既に「ついてない」の萌芽は現れており、訓練用ユニットを何度も全損させている。但し仲間を巻き込むような事態や致命的な重傷には発展した事がない。
卒業後は軍曹に任命され第24戦隊第3中隊に配属。
この時期の同僚にスオムスナンバーワンエースのエイラ・イルマタル・ユーティライネン、同二位のハンナ・ウィンドがいる。
ハンナ・ウィンドとは姉妹かと思えるほど容姿が似ており、さる戦いを通じて強い友情で結ばれている。
初陣でネウロイこそ撃墜したものの、被弾してエンジンを損傷し墜落寸前で基地に帰投。
その後も被弾での損傷やテスト中にユニットが足から脱落するようなトラブルに見舞われた。
原因の一つは敢闘精神旺盛でシールドに配慮せず食らいつき攻撃を続ける戦法にある。
何故か行く先々でネウロイと遭遇し、必要以上に戦闘に巻き込まれるケースが多かった事も挙げられる。
スオムスではストライカーユニットの調達を輸入に頼っている事から、戦果は挙げても機材を壊すウィッチの扱いに困り、一時はエースでありながらハンガーの掃除をさせられていた事もある。
少年のような容姿で、白黒はっきりつけたがる性格。前向き一直線過ぎるあまり周りが見えなくなるタイプで、エイラのいたずらによく引っかかる。明るく社交的だが、場の空気が読めないところがある。
故郷の為に頑張りたいという思いが強く、一生懸命に物事をこなすが、その真っ直ぐすぎる性格から上官ウケは悪く、態度が悪いと思われる事も多い。
ヨロイネン観測所に駐屯していた時期にエイラと再会し、同伴していたサーニャ・V・リトヴャクと面識がある(キミとつながる空)。
劇場版にもちょっとだけ登場。このときが映像初登場だったが初登場シーンはやっぱり「ついてなかった」。
ヨロイネン観測所駐屯前後に第502統合戦闘航空団『ブレイブウィッチーズ』に招聘されており、同じくユニット壊しとして知られていた同隊のヴァルトルート・クルピンスキー管野直枝と共に「ブレイクウィッチーズ」と呼ばれるようになる。
特殊な魔法体質であり、使い魔の治癒魔法との相乗効果で多少の怪我はたちどころに治ってしまう。魔法力を体内で循環させている事から、通常なら死ぬと思われる墜落からもあっさりと生還し周囲を驚かせる。
特技がキノコ狩りで、501stJFW.OAのドラマパートでサーシャによるとニパの採ったキノコは大丈夫だったとのこと。
またアニメ『ブレイブウィッチーズ』7話ではクルピンスキーが見つけ、ロスマンと一緒に採ったキノコが毒キノコのワライタケであることを見抜いている。(二パと病で安静中の雁淵ひかり以外は全員毒に当たった。)
仲間思いでもあるからか、の代わりに最前線の激戦区に放り込まれたひかりを何かと気にしていたり、「サトゥルヌス祭があったから皆と馴染めた」と言っている。
なお、大親友からは「ちょっと心配してたんだけどな。あいつ502の中で浮いてんじゃないかって」と言われていたが、杞憂だった模様。


関連タグ

ストライクウィッチーズ ブレイクウィッチーズ 502JFW ニパ ニパイラ ニパる
ニッパイ:名前も服のデザインも狙ってやってるとしか思えない。
(表記揺れ)
ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン

pixivに投稿された作品 pixivで「ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2979890

コメント