ピクシブ百科事典

エディタ・ノイマン

えでぃたのいまん

エディタ・ノイマンとは、「ストライクウィッチーズ」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

名前エディタ・ノイマン
身長167cm
年齢
  • 17歳(1942年)
  • 20歳(1945年)
誕生日6月5日
所属
  • カールスラント空軍 第26戦闘航空団(中隊長、1937年)
  • カールスラント空軍 第27戦闘航空団(司令副官、1939年、第二次大戦開戦時)
  • カールスラント空軍 第27戦闘航空団 第1飛行隊(隊長、1940年、カールスラント撤退戦中)
  • カールスラント空軍 第27戦闘航空団(司令、1941年)
  • カールスラント空軍 北アフリカウィッチ隊(総司令、1945年)
階級
  • 少尉(1936年)
  • 大尉(1939年)
  • 少佐(1941年:(「ケイズ・リポート2」)
  • 大佐(1945年:「Operation Victory Arrow vol.2 エーゲ海の女神」)
使い魔リピッツァナー
固有魔法
使用機材
  • メッサーシャルフ Bf109E(「ケイズ・リポート2」)
  • メッサーシャルフ Bf109G-2/Trop
使用武器MG34×2(「ケイズ・リポート2」)
CVたかはし智秋(「Operation Victory Arrow vol.2 エーゲ海の女神」)


イメージモデル

名前:エドゥアルト・ノイマン(Eduard 'Edu' Neumann、1911年6月5日 - 2004年8月9日)
所属:ドイツ空軍
撃墜数:13

元オーストリア=ハンガリー帝国のブコビナ、モロディア(Molodia)出身。
3歳の時(1914年)に母親を亡くし、間もなく父親をも亡くした。妹のエルゼ(Else)と共に厳しくも愛情深い祖父の庇護の下に入ったが、一家は第一次世界大戦にドイツへ移住した。
1928年に機械工学と航空工学を学ぶためにベルリンに出てきたが、その地で自身の飛行に対する情熱を見出すと直ぐ1929年に'Akakflieg'グライダー倶楽部に入った。1932年にコトブスで動力付き航空機の操縦免許を取得し、1934年にはフィーゼラー Fi 5での飛行訓練を開始した。その後同年中に当時秘密裏に再建中であった新生ドイツ空軍に入隊した。シュライスハイムで最後の戦闘訓練を終えると1935年7月にノイマンは第132戦闘航空団(JG 132)「リヒトホーフェン」/第II飛行隊に配属された。
1937年8月にバルトでメッサーシュミット Bf109 Dでの再訓練を受けた後、スペイン内戦でフランシスコ・フランコ将軍のファシズム精力を援助するために送り込まれたコンドル軍団にアドルフ・ガーランドやヴェルナー・メルダースといったその他の有名な人物と共に配属された。1年間の従軍後に2機の戦果を挙げて剣付きスペイン十字章金章を受章してドイツへ帰国したノイマン中尉は、デュッセルドルフの第26戦闘航空団(JG26)/第4飛行中隊の飛行中隊長になり、1940年初めに第27戦闘航空団(JG27)の航空団副官に異動となった。
バトル・オブ・ブリテン序盤の1940年7月20日に初の(第二次世界大戦での)戦果としてシェルブール沖合いで英第236飛行隊のブリストル ブレニムを撃墜するとノイマンは、オルダニー島沖で英第501飛行隊のホーカー ハリケーンに撃墜されたヘルムート・リーゲル(Helmut Riegel)少佐に替わりJG 27/第I飛行隊の飛行隊長に任命された。 1941年4月にユーゴスラビア侵攻に短期間参加した後の4月18日に部隊は北アフリカ、リビアのアイン=エル・ガザラへ移動した。ノイマンは大尉でJG27/第I飛行隊の飛行隊長時代の1942年5月11日にドイツ十字章金章を受章した。
1942年6月8日に少佐に昇進してJG27の戦闘航空団司令に任命されたノイマンは、戦闘機隊総監の参謀に転出する1943年4月22日まで成功裏にこの部隊を指揮した。1943年3月に中佐に、1944年に大佐に昇進したノイマンは、北イタリア戦域の戦闘機部隊の指揮官として戦争を終えた。
ノイマンは飛行隊の地上指揮の信奉者であり、長期間この手法で部隊を率いた。ノイマンの交戦経験は幾分限定的なものであったが、ドイツ空軍内で最も敬意を表される有能な野戦指揮官の一人となった。結果的にドイツ空軍時代の撃墜数は僅か13機(スペイン内戦では2機)であった。1945年初めにノイマンは、「戦闘機パイロットの反乱」として知られるようになるヘルマン・ゲーリングに反旗を翻した一団の一員となった。
ノイマンの最も成功した業績は、ハンス・ヨアヒム・マルセイユに独自の戦術を実行できるように戦闘機パイロットとしては異例のなことに自由に飛行することを許し、マルセイユの戦歴の雛形を形成したことであった。マルセイユは他のパイロットに比肩する者のいない西部戦線での連合国軍機158機撃墜という戦果を挙げた。

戦後にノイマンは機械会社を立ち上げ、民間の飛行クラブが解禁されると趣味として飛行を続けた。アルフレート・ヴァイデンマン監督とマルセイユ役でヨアヒム・ハンセンが主演したハンス・ヨアヒム・マルセイユの自伝映画『撃墜王 アフリカの星』でノイマンは技術コンサルタントを務めた。
1989年に他のJG27の元部隊員と共にエジプト政府と協力してマルセイユが墜落死した地点にピラミッドを建立した。
ノイマンは93歳の長寿で死去するまでの長い期間「ドイツ戦闘機パイロット協会」のメンバーであった。

人物

ハンナ・ユスティーナ・マルセイユが第27戦闘航空団(JG27)に配属されていた時の飛行隊長。メガネに長髪の大人びた少女。
マルセイユに対して好感は抱かなかったが、一流のウィッチに育て上げた人物。そのため、マルセイユも彼女を目の前にすると珍しく緊張を解くことがない。
『ケイズ・リポート2』にて初登場。この時はJG27の司令に就任しており、加東圭子マルタ輸送作戦「ペデスタル作戦」の実施に伴って手薄になる北アフリカ本土の防衛を要請した。自らはヴェンデリーン・シュレーアと共にマルタに出撃し、物資窮乏下での補給の都合と対ネウロイ警戒からベンガジ→チェニス間を海岸沿いに遠回りする苦労をものともせず、ネウロイの襲撃に懸命に耐える輸送船団を護衛。続く第2次マルタ島防衛戦では、本来は階級が下になるフェデリカ・N・ドッリオを補佐し、両作戦の成功に貢献した。この時対峙したドーム状大型ネウロイの情報が、加東に「子ネウロイ生産と長距離移動の能力を持つ大型ネウロイ」の出現の可能性を抱かせる手がかりの一つとなった。

本人曰く「地上指揮が得意」とのこと。北アフリカの空戦ウィッチでは数少ないヒスパニア戦役の従軍経験者だが、当時からデスクワークと地上指揮に長けており、少尉であるにも関わらず、上級将官の事務仕事を任されていた。
第二次ネウロイ大戦開戦時には生れ故郷でもあるオストマルクの防衛に当るも、ネウロイの攻勢の前にオストマルクばかりかカールスラント本国からも撤退を余儀なくされる辛酸を嘗める。しかし防御戦を続けながら隊員と資材を維持したままアルプス超えを敢行。この結果JG27は北アフリカへの投入が可能になった。
アドルフィーネ・ガランドが空軍ウィッチ隊総監に就任した時、自身の参謀にと推薦したが、辞退している。ノイマン曰く「単にあの馬鹿(ガランド)が飛びたいだけ」とのこと。

開戦初期に、扶桑のウィッチより母艦ウィッチの着艦技能を学んでいる。ペデスタル作戦では、航行中の扶桑海軍重巡洋艦に合わせて減速し、そのマストに座るという技能を披露し、居合わせたナタリア・F・デュークを驚かせた。

シュレーアを通じてアンジェラ・サラス・ララサーバルとも面識があり、ペデスタル作戦の時には「(別任務で不在の)ララサーバルがいてくれたら」とぼやいていた。

余談

ネットラジオ『501st JFW.OA〜第五○一統合戦闘航空団公式放送〜』ではエディタ役のたかはし智秋がエイラ役の大橋歩夕と第97・98回のパーソナリティーを務めた。
エイラさん、今まで見せたことのない顔見せてます。

関連タグ

ストライクウィッチーズ アフリカの魔女 ストームウィッチーズ
ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ ライーサ・ペットゲン:JG27における部下。
加東圭子JFS「アフリカ」隊長。大型ネウロイ対策で常に連絡を取り合う。
ヴェンデリーン・シュレーア フェデリカ・N・ドッリオ エリザベス・F・ビューリング:ペデスタル作戦・第2次マルタ島防衛戦での戦友。

pixivに投稿された作品 pixivで「エディタ・ノイマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56487

コメント