ピクシブ百科事典

ミズキ弐型

みずきにがた

ミズキ弐型とはコナミデジタルエンタテイメントより2012年2月23日発売の忍者型ミズキの後継機種である。 デザインモチーフは「丹頂鶴」だそうだがなぜかウサギ耳。

忍者型MMSミズキ弐型
フブキと並ぶGroupK2社のベストセラーモデル、ミズキの後継機種。
他社新型モデルに対抗するために素体をMMS-3rd規格で再設計、武装パーツも一新された。
開発にあたっては「アーンヴァルシリーズ」等で実績のある武装神姫の最大手企業FrontLine社が全面協力。
外観は初代モデルの意匠を踏襲しつつもメカニカルなデザインラインに仕上がっている。
開発コンセプトは空中戦に重点をおいたもので、地上戦重視のフブキ弐型と対を成すものとなっている。
このため初代モデルと同様に白い翼状のユニットを標準装備し(注・初代ミズキの「白き翼」はメーカーオプションであり本来別売であった)、優れた空中機動性能を獲得している。
武器類は鎌や手裏剣など忍者由来のものを継承しつつも新たに大弓、クロー、ビット(!)等の武装を追加、あらゆる距離での戦闘に対応可能となっている。
また本機ではマスク状の複合センサーを試験的に導入(ストラーフbisの装備とは別物)、これにより瞳が隠れるため視覚は制限されるが総合的な索敵能力を向上させる事ができる。
またオプションで頭頂部に聴覚を強化する為のウサギの耳に似た形状のセンサーを装備する事が可能となっている。(戦闘機型飛鳥の装備と類似)
AI設定は気高い性格でクールな印象。ただし一度信頼関係を築いたマスターには絶対の忠誠をもって仕える。

(パッケージ横の説明から引用)

デザイナーの変更によりGroupK2社がFrontLine社に吸収合併かと危惧されたが、
無事販売メーカーはGroupK2社(製造協力:FrontLine社)となった。

同時発売のフブキ弐型とともに武装神姫最末期のキャラクター(商品化されたキャラクターとしては最後発である)ため、フィギュア以外での展開は武装パーツがPSP武装神姫BATTLEMASTERS Mk.2にてDLC化したのみで、他のキャラクターとは異なり声優は設定されていない。

pixivに投稿された作品 pixivで「ミズキ弐型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146833

コメント