ピクシブ百科事典

概要

シルル紀の地層から発見された肉鰭類魚類
学名は「巨大な口」を意味する。
魚が大きくて20センチ程度だった時代に、なんと1メートルという巨体を誇った

口しか見つかっていないが、その顎には大きな歯が沢山並んでいた。歯は鋭くないが、太く丈夫で、硬いものを噛み砕くのに適していた。
この顎を使って頭足類無顎類を襲って食べたと考えられている。

化石が少なく、体の大部分は分かっていないものの、現生魚類との比較から、流線型の胴体と力強い尾を持ち、素早く遊泳していたと推測されている。

関連タグ


古生物
古代魚

関連記事

親記事

肉鰭類 にくきるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メガマスタックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント