ピクシブ百科事典

ラホナビス

らほなびす

白亜紀後期のマダガスカルに生息した小型の獣脚類である。ラホナヴィスとも。

概要

全長40㎝ほどの小型のドロマエオサウルス類である。
名前の由来は「雲の鳥」から来ている。
前足は大きなのようで、飛ぶことが出来たと考えられている。始祖鳥に近いの者と思われていたが、後足に大きな鉤爪があることから、ドロマエオサウルスの仲間となった。

関連項目

恐竜 獣脚類 ドロマエオサウルス科

pixivに投稿された作品 pixivで「ラホナビス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209

コメント