ピクシブ百科事典

ラミア(ワールドトリガー)

らみあ

TVアニメ『ワールドトリガー』のアニメオリジナルストーリー『逃亡者編』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:玉川砂記子

乱星国家エルガテス一といわれる科学者の女性。眼鏡と白衣が特徴的。
数々のトリオン兵を開発しており、ゼノが通っていた学校の生徒にも広く認知されている。
その実績も相まってか多数の部下が研究室に所属している。

人物像

常に冷静な振る舞いであるが、同時に冷淡な思考の持ち主。
また、鎖国中のエルガテスのトリオン兵開発技術を守るためには手段を選ばない。

作中での影響(ネタバレ注意)






















リリスギーヴの開発者。
リリスは単なる戦闘用のほかに、人間型であることを利用して敵国の兵士(特に男性)を惑わすことも考慮して制作した。

リリスの軍事実用の直前にゼノが彼女を浚ってエルガテスから逃亡したことを受け、極秘事項のトリオン兵情報の保護のため追っ手としてギーヴとカロンを派遣する。

しかし、ギーヴはリリスの前に制作された人型トリオン兵である。
元々は戦闘用として作り活躍を期待し我が息子のように育てていたが、後に出来損ないとみなし見切りをつけた。(カロン曰く「ギーヴはラミアに捨てられた」とのこと)
そして、ギーヴに「ゼノは卑劣漢でお前に屈辱を与えた」というまったく虚偽の記憶を植え付けることによってゼノ・リリスの追跡任務を遂行させていたのだ。
更に、カロンを通じ、ギーヴに最期くらい花を持たせることを指示しており、その結果ギーヴを自爆させて漏洩したトリオン兵の情報(=リリス)を消去するという計画にカロンは移行しようとした。
その後、ギーヴはカロンを巻き込み自爆、ゼノとリリスは無事に別の国家に逃亡し、この追跡任務はほぼ失敗に終わった。

これらの計画の裏には多数の被害者がおり、特に四塚市では市民全員が人質になる事態が発生した。
そして、自らは直接手を下さず、最後まで回想シーン以外で登場しなかったのである。

以上の事から、冷酷非道な性格であることは言うまでもない。そして『逃亡者編』の一連の事件のすべての元凶でもある


なお、声優の玉川氏は自立型トリオン兵カロンの役を兼任している。

関連タグ

ワールドトリガー エルガテス ゼノ(ワールドトリガー) リリス(ワールドトリガー)
ギーヴ(ワールドトリガー) カロン(ワールドトリガー)
全ての元凶 悪女

関連記事

親記事

エルガテス えるがてす

子記事

兄弟記事

コメント