ピクシブ百科事典

目次[非表示]

他のルクシオンについてはこちらを参照。

概要

型式番号XV-7001
頭頂高18.0m


自由条約連合の試作ヴァリアンサー
2人のパイロットの感覚をリンクして、互いのヴァリアンサー同士の戦闘能力を向上させる新システムの「カップリングシステム」を搭載している。姉妹機のブラディオンと共に製造され、単機戦闘能力も高いが、ブラディオンとの連携でより高性能を発揮する。
カップリングシステムを起動すると、左肩から「エアロスケイル」というエネルギーが結合した翼が機体から展開される。
武装はフォアグリップをバレル下に折りたためるアサルトライフル「M252A2ランスヘッド」やグリップをたたんだ状態でシールドに収納されているネクターソード「M10Nストライドエッジ」など。
また、カップリングシステム起動中はブラディオンと共にエアロスケイルを干渉させることで発動させる防御機能「コードT2ライズ(通称:ユニゾライズ)」によって、前方から放たれる攻撃を即座に弾き無効化しつつ、突撃を仕掛けることができる(ただし、ウイングの耐久性の都合上発動時間が30秒程度と極めて短いという欠点がある)。

当初のパイロットがゾギリアからの攻撃に巻き込まれ死亡していたが、タイムスリップしてきた渡瀬青葉がルキシオンのコクピットに現れカップリングを成功させたのをきっかけに彼が搭乗することになる。

ハワイ基地にて、ヴィクトル・リャザン少佐率いる部隊の強襲を受けて強奪、そのコクピット部分はゾギリア側のカップリング機カルラに流用されてしまう。

関連機体

ルクシオンネクスト

型式番号NXV-7101
頭頂高18.0m
次世代カップリング機として連合が秘密裏に開発していたルクシオンの制式機。アラスカ基地攻防戦の戦場に届けられ青葉が搭乗する。
青と白を基調としたデザインは共通するが、エアロスケイルが前進翼のように先端が前向きになり、肩部や頭部、脚部にもエネルギー状の刃を形成するようになる。
新武装の装備や電子機器の更新がされ、ルクシオンと比較して機体性能が遥かに向上し、カップリングシステムの方も高性能化を果たしている。

武装は背部左に接続される(カップリングモード時は左腕に移動する)武器パックに収納され、射撃時にバレルが延伸するネクターライフル「TNML-06Rラピッドランサー」、大小の二刀へと分割もできるネクターブレード「M10NWオーバーエッジ」、背部右に接続されエアロスケイル発生器を内蔵するシールドなど。

特定の機体とのみカップリングを想定していたルクシオンと違い、こちらはよりより広いカップリングを可能であり、劇中ではゾギリア側の機体であるカルラとのカップリングを成功させている。

関連タグ

バディ・コンプレックス

関連記事

親記事

ヴァリアンサー ゔぁりあんさー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ルクシオン(バディコン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115

コメント