ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

公式ではあくまで『錬金術師ホークアイの弟子と師の娘』(当時はお互いを「リザ」「マスタングさん」と呼び合っていた)、『上司と部下』という前提で物語が進んでいるものの、作中の二人の生死を賭けた絆の深さから、「やっぱ、この二人なにかあるんじゃね?」というファンの邪s…もとい熱い視線から、登場してしばらくしないうちに、この二人に両想い説が浮上したのは言うまでもない。


関係性編集

ロイは錬金術の力で国民を守りたいという信念の下、士官学校に入学し希望通り国家錬金術師の資格を取得。


しかし現実の彼は、イシュヴァール殲滅戦において人間兵器として投入され、「焔」の錬金術で大きな功績をあげた。一方リザはロイの理想に共感し、ロイを守りたい一身で自身も士官学校に入学、射撃の腕前を見込まれ学生の身でありながら前線に駆り出された。


師の研究の結晶たる焔はイシュヴァールを、罪のない民衆ごと焼き尽くした。この結末は民衆を守りたいと願った二人を深く打ちのめす。ロイは無意味な戦争を目の当たりにし、現在の体制を壊し、人々が真に幸せになる国を作るため、この国の頂点、即ち大総統になることを誓う。リザは「道を誤ることがあれば撃ち殺せ」とロイに背中を任され、右腕として彼を支えていくことを決める。


また、後にエドを国家錬金術師に勧誘する為にリゼンブールへ訪れた際、ロイはエドに国家錬金術師になって元の体に戻れる可能性を示し、リザは自らのロイを守るために戦う覚悟をウィンリィに伝えることで二人が覚悟を決めるきっかけを作り、その生き方に大きな影響を与えた。


両想い?編集

ナンバー66に絡まれているリザを見てロイが66を焔の錬金術でぶっ飛ばそうとしたり、ラストに「ロイは死んだ」と宣告されてリザが大いに取り乱したり、


極めつけはロイが人体錬成を強要された際に人質となり頸動脈を切られたリザと、計画阻止とリザの命の間で揺れるロイの限界状態でのアイコンタクトと、その後でのロイの心配ぶりなど、読者が熱い視線を送るに足る描写が複数存在する。


またホムンクルス側も、リザは「人柱候補であるロイにとっての大切な者」と認識しており、第二期アニメでは大総統に「彼女は君にとっての弱点になりえる」と言われている。


完結後読者からは「結婚しないのか?」と言われるものの、作者は「結婚しちゃうと、軍の規則で”上司とその補佐"ではいられなくなっちゃうんだよぅ。」(=結婚したら制約が多くてリザが補佐官としてロイを間近で守れない)と敢えて結婚という選択をしていない旨を画集『FULLMETAL ALCHEMIST 3』のコメントで述べている。

そのため、作中で明言こそされていないものの、作者も暗に認めていると取れる上記の発言から準公式CPと言える。


別表記編集

ロイリザ


関連イラスト編集

大佐と中尉暑いので

[FA]例のあれ[ネタバレ注意]fire sign

関連タグ編集

鋼の錬金術師 ロイ・マスタング リザ・ホークアイ NL 男女バディ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22974312

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました